麻雀における70符と90符のお話

ある日の麻雀にての出来事



今日は地元の友人が珍しく集まることが出来たので友人宅で麻雀を打ってました

ただ、この友人らが未だに得点計算ができなくて基本的に僕が計算しているのですが
東2局にて…

友「お、それロン!なぁこれ何点なん?」

tehai (1)


※通常ドラ以外にもカンドラ二つ分ありましたが手牌に絡まないので省略。リーチもしてなかったので裏ドラも省略
※友は西家

僕「それは……何点だっけ…」
ていうことがありました


正解を先に言うと1翻90符(30+32+16+2+2=82,繰り上げて90)の2900点なのですが
そのときは滅多に出ない符なので計算するのに時間がかかってしまいました^^;
それでも何とか思い出すことが出来ましたが…

とりあえず「この手で何でリーチをかけないんだ!」とか「最安目でロンしてんじゃねぇよ!」とか
突っ込みどころ満載の手牌ではありますがそこは本題ではないので批判は受け付けません
ていうかアガったの僕じゃないですしね

麻雀の符計算は元々敷居が高いものではありますが
実際のところは30~40符、後チートイツ用の25符、ツモピンフ用の20符の点数さえ覚えていれば
そんなに困ることはありません
まぁ、そこが面倒くさいってことなんでしょうけど…
僕としてはネト麻はともかくリアルで打つ際は自分の手牌の得点計算をするのは最低限のマナーだと考えます

今回は友人同士の集まりなので長年なぁなぁで済ませていますが
これが知らん人同士でその人から「これ何点?」とか聞かれたらまず本来の過少の点数を言っちゃいますね
自分の手配の点数が分からないならアガるな、そんな手を作るなってことです

…と話がそれましたが続き

符は最大110符までありえるのですが一部を除いて楽に点数計算ができます

そもそも符というのは通常(30~50)の倍の数になれば実質1翻高い手として扱うことできるのです
例えば1翻80符の手は2翻40符、3翻20符の手と点数が一緒です
2翻60符は3翻30符の点数と一緒です

そう考えればどんな高い手でもすぐに計算ができる…
70符、90符、110符の手はこの計算じゃ点数が出せません

それぞれ半分にしても35、45、55と存在しない数になりますしね

ではどうやって計算するのか…

ズバリ、暗記してくだs(ry

結局暗記なのかよ!と思う人がいるでしょうけど結局これが一番固いやり方なんですよね
でも滅多に出ないからどうしても印象が薄くなりがちですけど…

ちなみに点数は

1翻70符
子 2300(1200・600)
親 3400(1200オール)

2翻70符
子 4500(2300・1200)
親 6800(2300オール)

1翻90符
子 2900(1500・800)
親 4400(1500オール)

2翻90符
子 5800(2900・1500)
親 8700(2900オール)

2翻110符(1翻110符は連風牌を4符扱いにしないとありえないので省略)

子 7100(3600・1800)
親 10600(3600オール)


まぁ、70符はともかく90符110符なんて下手な役満より出ないでしょうから力んで覚える必要も無いかもしれません


そういえば咲でさらっと1翻110符をアガるシーンがありましたけど
ある意味アレが咲の中で一番ぶっ飛んでいるアガりといっても過言ではないでしょう
役満はそれでも皆目指すときがあるからそれなりにお目にかかれるときがありますけど
普通は110符の手なんて作ろうと思わないしまず作れないですしね
目指すメリットも皆無

それにしてもよく咲は110符の、それも1翻の点数をすぐ言えましたね
僕だったらまごついてるかも…^^;


110.png


先ほどは70符と90符は暗記しろって言いましたが実は計算法はちゃんとあります
それは…分解して加算
例えば70符の手なら30符の点+40符の点…という風に足していけば70符の点数が出ます
子の1翻70符なら30符(1000点)+1翻40符(1300点)=2300

ただし、この計算法だとツモったときの点数配分が分かりづらかったり
得点計算の都合上100点分ずれるときがあるので僕はあまりオススメしません…


符計算は麻雀を始めるための登竜門ではありますが
是非とも暗記するなり計算できるようになってから麻雀を楽しみましょう
            

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そんな僕はネット麻雀で得意の振り込み

No title

ロストさん

お、この字牌場に2枚切れやん!助かったやで~→ロン!の割合の多さよ
僕は漫画の世界で麻雀を打っているのかと言いたくなるわ
実際ネト麻は咲やアカギが操作してるのかってくらいハジけている人が多いけどね
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき