ガチガチの鉄板 嘘喰い 347話 感想

あなたは誰に賭ける?
ネタバレ注意











開始早々、被害者であるはずのつね男がPK(Player kill)を犯したとしてUNEIにしょっぴかれます

前回登場した謎の奴隷がつね男を操ってつね男の仲間を次々にPKし
最後につね男を倒した…そうですが
ただ暴力が強いだけでなく頭もかなり切れるようですね^^;


場面変わって闘技場

せっかくクリアして奴隷連合の心が一丸となっていたのにUNEIの戦略により再びバラバラに

そんな中トラボルタがわざと負けてその後にビオスを払えば楽に抜けられるんじゃないかと提案しますが
無傷で済む筈がないとりゅうせいは一蹴します

確かに前回のあの死闘を見ればその提案がどれだけ絵空事かは言わなくても分かりますね


チャンプも「できるわけない」「俺のせいじゃない」とすっかり奴隷根性モード
まぁ実際チャンプのせいじゃないですが…

奴隷達が今後の戦いで困惑してる間、BKさんは敵方のリーダー、ヴィンセント・ラロと接触
まさか大将が登場するとはなぁ
てっきり新キャラか誰かかと期待してました^^;

ラロの「君も今日が初めての闘技場?」という質問に「まぁね」とさらりと嘘をつくBKさん
既に闘技場を利用して荒稼ぎしていたという事実を伏せたかったのでしょうか


チャンプたちと足並みをそろえて未だに奴隷のBKさんとは対照的に
奴隷宿で多くの市民を奴隷に落とし市民を通り超えて一般職まで上り詰めたヴィンセント・ラロ
どちらも2,3日で凄い勢いですが、この方針の違いがどこかで差を生むでしょう

メインステージ開始前、チャンプがこれまでの人生を振り返ります
まるでカイジに登場する人物のごとく「無理だ」「理不尽だ」「俺のせいじゃない」と連呼し続けた人生
そのツケを今払わされている
こんな腐った苦しみを味わわされるんだったら前を向いたまま苦しみたい

一時はどうなることかと思いましたがもうチャンプが今まで見たいにふて腐れる…ということは多分ないでしょう


奴隷達が再び一丸となった一方で、謎のアンタッチャブルにより瞬殺された「ああああ」


「ああああ」あああああぁああぁああああぁぁぁぁぁ!!!!
ああああああああああぁぁぁぁぁああぁぁ…



無念の一コマ退場…^^;
あのどこか飄々とした性格は魅力的でしたが、所詮はかませ犬でした

その「ああああ」を屠ったのはロバートKというラロ側のプレイヤー
今度こそ新キャラでしょうか?

ラロの言うとおり闘技場は自分陣営の暴力担当を送り込めば簡単に勝てますからね
これほど楽な必勝法もそうそうないでしょう
マルコはやられちゃったけど…


倍率は30.0とトラボルタのそれと比べて低いですが
それでも鉄板というにはあまりにも高過ぎる倍率ですよね

ロバートK登場によりラロがボロ儲け…という流れになるかと思いきや

安全地帯…?こんなのも必要ない…ここは弱肉強食なんだろ?

堂々登場伽羅さん!まともに登場するならファラリスの雄牛編以来ですね!
話の序盤でつね男を返り討ちにしたのも伽羅さんでしょう

鉄板VS鉄板…勝つのは一体!?
…って思ったけどよく考えたらアンタッチャブル同士だろうからぶつかり合うことって本来はないんですよね
ぶつかり合いそうな気配がムンムンしてますが…

とにかく次週に期待!!!!






嘘喰い 30 (ヤングジャンプコミックス)嘘喰い 30 (ヤングジャンプコミックス)
(2013/08/19)
迫 稔雄

商品詳細を見る
            

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき