タダでは転ばぬ 嘘喰い 350話 感想

元零號は「伊達」じゃない
ネタバレ注意















途中ひやひやする展開もありましたが
終わってみれば終始伽羅さんことキャットのペースでしたね

この勝負の賭け金+個人的に伽羅に賭けていた分の9万ビオスで収支が40万over
更にマルコやパチャンガ、トビ太に超大穴の馬券を賭けさせ
その大穴が勝つよう伽羅が他のハンターを「間引き」させていたため
最終的な収入は100万BIOSoverととんでもない額になりました

強ハンターをこらしめておいて、ロバートKを圧倒する伽羅さんもハンパねぇなぁ…
流石元零號と言った所


そんな嘘喰い太刀を遠巻きで見ている門倉と南方
二人が並ぶのは迷宮編以来です
しかも当時は敵対してた関係なのに、今じゃ同じ組織に身を置いてるをみるとどこか感慨深かったり


一方、金も暴力も失ったはずのラロが何と超大穴の500倍のチケットを引っさげ換金しに来ました
ラロが購入していたのはロバートKの単勝ではなく超大穴の複勝の超大穴の一点のみ
ロバートKもまた、伽羅と戦いつつ他のハンターを減らして大穴を勝てるようにしてたというのだからオドロキ

もちろん理想は大穴で大勝し、BK相手にも勝利し伽羅を追い出すことだったのでしょうが
そこまではうまくいかなかった、むしろ大勝したとはいえ貴重な戦力であるロバートKを失うことになりました
本来ならロバートKを失うことはなかったのにラロが欲をかきすぎた結果と言えるでしょう


…うーん、作中での描写だとロバートKは本当に優秀な人材だと描かれてるけど
やっぱり一発退場のイメージが強くてやはりロバートかませにしか見え(ry
まぁ、実際優秀な故にラロが欲をかいたわけだけれども

仕事は済ませたみたいだし再登場はないかあったとしてもかなり後になりそうですね^^;


BKはラロに対し、ギャンブルが弱いねと挑発しましたが
結局のところ一人でBK以上のBIOSを稼いだラロ
試合に負け勝負に勝ったと言ったところですかね

登場してから結構経つのに未だに底が見えないビンセント・ラロ
彼が今後どのように動くのか一挙手一投足も見逃せません

次週に期待!
            

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき