一狩りいこうぜ 嘘喰い 352話 感想

運営側の鉄板とは?
ネタバレ注意






調整者との戦いの前にロバートK戦でのダメージが残っていると遠まわしにこぼす伽羅

ロバートKってやたらと評価されてるけど
描写が描写なだけにイマイチしっくりこないんですよねぇ、結局顔も名前も分からずに退場しちゃったし
再登場はあるのか…?

そんな伽羅さんに対して「嫌だったらやめてもいいよ」と更に遠まわしで煽っていくBKさん
とはいえ観客0、勝ち金全て上乗せ…となれば
いかにも訳ありで超問題児な鉄板が出てくることは明白なわけで…


そしてその訳あり鉄板は自身を奇特な模様の布に隠しつつ伽羅と対立しました

手元にはサーベル、それを見て伽羅は「使いたければ使え」と一言
実に伽羅らしい

更に相手は伽羅の殺気に蹴落とされ一歩下がってしまい場はまさに伽羅が支配したと言っても良いでしょう
ここで伽羅は蹴りを入れて先制攻撃、まさに理想的展開

その勝負を遠巻きで見ている円堂が

必ずこの人物が勝つという考え方は嫌いだ…勝負に絶対はない
 ベロニカが負ければ支払う額は92万4千ビオスに跳ね上がる


だが 今回それを考える必要はなさそうだ


と、一言
一線引いたような目線でありながらベロニカへの絶対的な自信が伺えますね


伽羅が先制攻撃でベロニカを捉えたと思ったら逆に纏っていた布を被せられてしまい
ベロニカに一突きされてしまいます!

「Espada(一突き)!」って言いながらぶっ刺すベロニカさんまじかっけぇ…
こいつからは強キャラ臭がプンプンするぜェーッ!


機を制していたっ!!それは伽羅じゃなかったっていうのかい!?

ノリノリで解説役をこなす鷹さんが何か面白い(
自身も実力があって解説もこなせるとか今後も出番は安泰ですかね

このベロニカ、非常に非情な男で
あまりにも危険ゆえに島から追放されてしまった経歴があります
まるでチョコラータみたいな立場ですね

BKさんはこの戦いをターニングポイント、今回の戦いの全てを伽羅さんに賭けたと言いました

運営の妨害、暴力にも対抗できないとどの道皇帝への道はかなり厳しいことになりそうですしねぇ

傷を負ってもひるむことなく立ち上がる伽羅
果たして伽羅は「勝ち続ける男」でいられるのか?
次週へ期待ですね





嘘喰い 31 (ヤングジャンプコミックス)嘘喰い 31 (ヤングジャンプコミックス)
(2013/11/19)
迫 稔雄

商品詳細を見る

            

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき