図らずとも核心へ… 嘘喰い 356話 感想

やられたらやり返す、やられてなくてもやり返す
ネタバレ注意













ロバートK「銅寺!?殺されたはずじゃあ…」
銅寺「残念だったなぁ、トリックだよ」

というやり取りがあったのかどうかは知りませんが無事(?)銅寺復活、反撃の3連パンチを食らわせます

何事も適度にやるのがポリシーです」って言っておきながら明らかに重い反撃を与える銅寺さんマジ適度

この島にロバートKを招いたのも銅寺でしたが最初は余程の事情がない限り来ないものだと思っていたようです
実際、余程の事情があったので協力者として参戦することになったのですが

その事情とはざっくばらんに言えば
遠い昔、自分の弟であった捨隈が売られているのを目撃してつい嘲笑してしまったことに罪の意識を感じ
捨隈がアイデアルに身を寄せていることを知り、自分もアイデアルに接近した…
わけですが彼と会うという望みはもはや叶うことはありません

十日程前に帝国タワーにいたという情報は掴んでいましたが
それ以後の情報は暗諜の手により徹底的に封じ込まれており探ることは不可能

ていうかロバートKってアジア系だったんですね
普通に見た目が白人ぽかったからてっきりそういうものだと思ってました
髪の色も顔も違うし…本当に兄弟なんですかねぇ

とにかく結果としてはラロの協力者となり、そして今銅寺(賭郎)と対立しているわけですね


ただ3発貰ったわけでなくしれっと銅寺から通信機器を奪ったロバートK
銅寺の「あ~っ!」が何かかわいいけど立会人としてはマヌケすぎるでしょうw

地下から地上の仲間の様子を見に来た運営が顔を覗かせるというアクシデントも発生しましたが
自身も地下に飛び降りて何とか運営の人を気絶させ難を逃れた
…と思いきや更に運営の人が集まり地上へ様子を見に行きました

この隙に銅寺がハッチを閉めましたが、ロバートKが逃走
再び銅寺の「あーっ」お前ら仲いいだろ

一方、管理室では何人かのプレイヤー(立会人)が
登録をしていない不正プレイヤー、つまりアウトローであることを発見
監視カメラには闘技場チケットで大勝したからかホクホク顔のヰ近さんが…笑ってる場合ちゃいまっせ!

しかしこうなると運営と賭郎の衝突は避けられないでしょう


銅寺がロバートKと追いかけっこをしているとどこか不穏な空気の部屋に進入
その予感は当たっていて部屋の中にはマリファナ、コカインがゴロゴロ
更に銅寺が動いて覆いかぶさっていた布が外れるとそこには脳死状態の人が3人眠っていました

二人は「わざと脳死状態にさせておいていつでも新鮮な状態で臓器で売買している」と考察
どうやらこの島、単なるゲームアイランドではないようです

ところで一番奥のベッドで眠ってる人って
最初のアンタッチャブルラインであっけなくハンターに倒された人と髪型が似ている気がするんですが…
下手すればチャンプやKAJIちゃんたちがああなってた可能性も0ではないかもってことか、まさかなぁ

この島の暗部が見え始めましたが次号は休載

再開は19日発売の3号です





嘘喰い 31 (ヤングジャンプコミックス)嘘喰い 31 (ヤングジャンプコミックス)
(2013/11/19)
迫 稔雄

商品詳細を見る
            

コメントの投稿

非公開コメント

マジ適度、で吹き出してしまいました。
この辺の頃の軽いノリが懐かしいです。
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき