ドリームタッグ 嘘喰い 362話 感想

アズラの砦に侵入した者の正体は?
ネタバレ注意


























門倉の前に現れたのは密葬課課長こと真鍋でした
彼がここにいるってことはつまりはハルも近くにいるということ
しかしそのハルを見失ってしまって探し回っています

二人の間に会話こそはなかったもののお互いにお互いのことを知っているようでした
やはり箕輪を下した話は密葬課でも語り草になってるのでしょうか
帝国タワー編以前に出会っていればそこから因縁が更に深まったのかもしれませんが
今は同僚ですしね、大丈夫でしょう…多分

一方KAJIたちはターゲットのオルデカに奇襲を試みます
完全に油断しているところを突きましたが
それでも一般職と上級者の差は大きく、一時は防戦に持ち込まれてしまいました

結果的にはりゅうせいの援護とマルコの猛攻撃によりなんとか倒せましたが、なんともギリギリ

戦いの後、マルコは空腹に耐え切れなくなり
さっき襲撃した食堂に戻り食料を片っ端から食い漁りまくります
そこでハルと出会いますが、ハルの呆れ顔というか呆然顔がちょっと笑える

更にそこに真鍋も合流
スゥ~と登場してにんまり顔で「タマゴはあるかな?」て聞かれたら吹き出さない自信がないw
多分ですけどこれ、今後も持ちネタみたいに何回も言うことになるんだろうなぁ…w

KAJIたちは旗台に上がり砦陥落を実行しようとしますが何故か反応なし
これはオルデカが隊長ではなくなったということですが…

場面が変わって、謎の男達がやられたプレイヤーに襲撃したプレイヤーの情報を聞き出しています
ポージングがいちいちかっこつけててアレですが
判断や思考そのものはいたって冷静
更に嘘喰いたちの存在を把握してるということは…

一通り情報収集を終え、KAJIの前に現れる謎の男
そう、彼こそがラロ側の協力者であるフロイド・リー!

ロバートK同様、ゲーム開始時に詳細が分からなかった協力者ですね^^;

正直ロバートKはキャラとしてはすごく好きでしたが言うほど活躍はできなかったので
自然とフロイド・リーの方に期待を寄せてしまいますがどうでしょうかねぇ
若干小物臭がしなくもないけど…
一匹狼ではなく手下も引き連れてたり思慮深いところを見てると暴より智の方に自信があるのかな

何にせよせっかくの新規キャラですので長く活躍して欲しい^^;

次号へ期待!





嘘喰い 32 (ヤングジャンプコミックス)嘘喰い 32 (ヤングジャンプコミックス)
(2014/02/19)
迫 稔雄

商品詳細を見る
            

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき