銃は盾よりも強し 嘘喰い 366話 感想

KAJIちゃんの電光石火の先制攻撃!…なるか?
ネタバレ注意




















今回のギャンブル名は「矛盾遊戯」で良いのかな
やってることは叩いてかぶってジャンケンポンだけどじゃんけんしてないしね


スタンガンという予想外の武器に思わず面を食らったKAJI
とりあえず撃ってみると弾が発射されたので
これはワイヤレススタンガンのようですね^^;

撃ったはいいものの無常にも木の盾で防がれてしまいました

使用ビオスはKAJIが2000ビオス、フロイドが10ビオス

完全にフロイドの手のひらの上で転がされた形ですがこれは無理もない
矛を選ぶ側は武器の威力が分かるため
やられても死なないと分かってれば相手に無駄にビオスを消費させることも可能

武器や盾は勝負が終わっても同じものを使用
つまり試合が長引けば木の盾とかは破損する可能性も十分にあり得る
そこまで長引くかは分かりませんが…

2ターン目
フロイドの策によって無駄にビオスを消費してしまったKAJI
それでも食堂でドラッグパーティーを開いていたプレイヤーから
相当のビオスを巻き上げていたようで
残ビオスは33500ビオスとそれなりに余裕はあります
ただ向こうのビオスは未知数なため全く安心は出来ません

第一の武器がスタンガンであったためKAJIは武器と盾毎に相性が存在することを把握
スタンガンを完全に防げるのはゴムの盾と木の盾
逆に頑丈な鋼鉄の盾は防ぐことができない…

とにかくこのゲームは武器を持つものの権利は絶対なので盾側にはなるべくなりたくない…

そんな気持ちで1000ビオスを突っ込みますが…

目の前に現れたのは
現実は非情である
そして打ち込まれるポン刀

次号、KAJIの遺志を受け継いだチャンプの起こした行動とは…?





…とはならず何とかわき腹をかすっただけで済みました
途中の回想で子供の頃のKAJIがパパ?に
カッターで腕を切られたシーンがありましたが
やっぱり子供時代に良い思い出はなさそうですね

フロイドは先ほどのスタンガンのダメージが残っていたためKAJIを上手く切りきれなかった
つまり木の盾ではスタンガンを防ぎきれない
武器と盾の相性は単純な三すくみではない
痺れているから何が何でも武器を取りに行かなければならない

つまりスタンガンは次の勝負で相手を確実に仕留めるための武器ということになります

KAJIはゴムの盾でポン刀を防げたことから
木の盾でも完全に防げる武器が存在するべき
つまりスタンガン、ポン刀と強力な武器は出尽くしたため
次はどんな武器が来ようとも鋼鉄の盾でほぼ100%防げる

1試合目でフロイドに大量にビオスを消費させられたため
今回は1ビオス消費で敢えて盾側を選び次のゲームに備えました

思惑通りKAJIの目の前には鋼鉄の盾が
そしてフロイドの手には…拳銃が

盾さえ立てればまず防げますが
拳銃を手にとって撃つスピードと盾を持って構えるスピード、どっちが速いかは明白

これで武器と防具が出揃いましたが
相性で言うと

スタンガン
・木の盾→△
・ゴムの盾→×
・鋼鉄の盾→○

ポン刀
・木の盾→おそらく○
・ゴムの盾→△
・鋼鉄の盾→×

拳銃
・木の盾→○
・ゴムの盾→多分○
・鋼鉄の盾→×

…となりますかねぇ
とりあえず盾側は鋼鉄の盾を選択して、先に防御できればまず死にませんが
スタンガンでやられた場合次で仕留められる可能性大

武器側は2回連続ビオス勝負に勝つ自信があるのならば
スタンガン→何かで倒すことが可能?

一見単純なゲームのように見えてそうでもないのが嘘喰いですので
まだ何か別のロジックが存在しそうですね
そのロジックが分かるまでにKAJIが生き残ってればいいが…

次号に期待!





嘘喰い 32 (ヤングジャンプコミックス)嘘喰い 32 (ヤングジャンプコミックス)
(2014/02/19)
迫 稔雄

商品詳細を見る
            

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき