みんなのため、自分のため 嘘喰い 370話 感想

試合に勝ち、勝負に敗北
ネタバレ注意



















全ビオスを突っ込み拳銃を手にしたKAJI
しかし道徳という名の盾に阻まれてフロイドを下すことができずにターン終了

フロイドは1ゲーム目、KAJIの日本刀を振る勢いが甘かった時点で
この決着が目に見えていたんでしょうね
1ゲーム目で鉄の盾を選んだのも、2ゲーム目でそれなりにビオスを突っ込んだのも全てこのための布石

KAJIが撃つ事を躊躇させるために
フロイドはこのゲーム中、善人…とまではいかないまでも
どこかフェアーな部分を感じさせるキャラクターでした

しかし本性は心の中がバリバリ裂けるドス黒いクレバスのようなものなのでしょう
まぁ人の陰謀を暴きまくるような奴がまともな奴なわけありませんが…
向こうも悪党とは言え自分の快楽のために人を突き落とす様はまさに吐き気を催す邪悪

KAJIは全ビオスをスったという現実に呆けて
盾選択時間をスルーしてしまいました
結局、きゃどくらさんが一番端にあったゴムの盾を選択しビオス提示タイムへ移行

手持ちは0で首が絞まっている状況なのに
KAJIの口からは「BKさんBKさん…」BKさんのことばかり

それに見かねたチャンプが「その奴隷根性を捨てろよ!」と激昂

KAJIは居場所が欲しい、褒めてほしいから人に依存する
例え自分がいくら傷つこうが認めてもらえればそれで良い
確かにある意味ではKAJIは根っからの奴隷根性であったのかも知れません

最初はチャンプさんに何が分かるんだと…と毒づきましたが
次第に落ち着き、「死にたく…ない…」と本音を吐露

そんなKAJIを見てチャンプとりゅうせいは1万ビオスを彼に託しました
自身の市民権を担保にして立会人から借金、だそうです

なるほどその手があったか^^;
僕はてっきりハルが乱入してKAJIに貸すとばかり考えてましたが
彼らは命の取立て対象に入ってないから借金することは可能ですもんね

こうしてKAJIは自分のために3セット目に参戦

この勝負に勝って僕は貘さんに並ぶ

KAJIはファラリスの雄牛、マキャベリカードゲームを経て
頭脳的には元からかなり成長していますが
精神面でのここまで大きな成長はこれが初めてでしょう

まさにここからが本当の勝負

一応1万ビオスを手にしたもののフロイドの所持ビオスに大きく水をあけられています
読み間違えたら一瞬でゲームエンド

ゴムの盾を選択したためKAJIは1ビオス提示

…ですがフロイドも1ビオス提示のため再提示

フロイドからすればこの引き分けは少々計算外でしょうね
もし拳銃を選んでいた場合はどれぐらいビオスを提示するか悩みどころでしょう

普通だったら相手が0ビオスなのが確定なので
イケイケで拳銃を選んでいる可能性が高いですが
もしものリスクを考えたらスタンガン辺りでも不思議ではないか?

いよいよ矛盾遊戯もクライマックス
果たしてKAJIはBKさんに並べるか?
次号に期待!





嘘喰い 32 (ヤングジャンプコミックス)嘘喰い 32 (ヤングジャンプコミックス)
(2014/02/19)
迫 稔雄

商品詳細を見る
            

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき