人の心見落とすべからず 嘘喰い 371話 感想

こっち側VSあっち側
ネタバレ注意























フロイドが1ビオス提示だったのを疑問に思うチャンプ
僕もそこは少し気になった部分ではあったのですが
念には念を入れただけなのかな、程度にしか考えていませんでした

しかし実際のところは
きゃどくらがボロにフロイドがいる前で敢えてチャンプ達にビオスを貸し付けたことを報告していました
流石に何ビオス貸し付けたまでは言いませんでしたが
こんなことを聞いてしまったら必要以上に慎重になってビオスを抑えたのも無理はありません

門倉は確かに面白いもの好きでしたが
こう自分から勝負を引っ掻き回すようなキャラクターでしたっけ?
迷宮の時も南方が勝手に作った罠に激怒してたしなぁ…
でも「自分もそれに気づいたらやってたかもしれない」とも発言してましたし
素の状態でも元々こういうキャラなのかも知れませんね

とにもかくにもKAJIがまだまだ勝負を捨ててないことが分かったフロイドは
今一度思考を巡らします

やはりリスクとリターンの諸々を考えるとゴムの盾を選んだ可能性が高いと結論づけました
鉄の盾はどう考えてもリスクが高いですからねぇ…

一方KAJIはフロイドが刀を選択したと推測
前のゲームだと同じ理論でKAJIが刀を選択しましたが果たして

二人の共通認識としてはわざと負けてビオス節約狙い
意地でも武器を取りたいはずのこのゲームで二人とも盾狙いになるとは
立会人達も少々予想外の展開となったでしょう

ビオス提示タイム、きゃどくらはKAJIに
なるべく盾狙いはやめるようそれとなーく伝えましたが
KAJIは敢えて武器狙いで2ビオス以上を提示
門倉さんのことを思っての行動かもしれませんが
実際KAJIの言うとおりこのゲームで盾を狙うという茶番はプレイヤーも立会人も萎える展開ですしね^^;

フロイド・リーは予定通り2ビオス提示
またKAJIの所持ビオスが不透明になった以上は意地でも節約したい場面だから仕方ないといえば仕方ないか

当然KAJIの勝利で彼の目の前にはスタンガン
フロイドの目の前にはゴムの盾が現れました

結果的にフロイドの読み通りで
KAJIの日本刀を振ろうとする覚悟が徒労に終わ…ったかに見えましたが
前のゲームでKAJIがゴムの盾を拳銃で撃ち抜いたため
持ち手のグリップ部分が剥がれ盾が落ちてしまいました

すかさずKAJIの電光石火スタンガン攻撃!
思わぬ形でフロイドの顔芸を見ることができましたが
これだけで死んでしまってもおかしくないレベルのダメージのような…^^;

もう少しKAJI以外のことにも気が回れば
フロイドクラスの人間ならこの事実にも気づけたはず

ボロ「ボホホ…ボロが出たの」
門倉「ちなみに今笑う所ですよ

なんともリアクションに困るジョークである^^;

これで残りの武器、防具は
KAJI側:鉄の盾 木の盾
フロイド側:日本刀 拳銃 となりました

一応武器と防具だけで言えば五分五分ですが
フロイドが大ダメージを受けた以上、KAJI側が有利

逆にフロイドは次ゲーム以降は絶対に落とせなくなったので
どうビオスを使うかが勝負の分かれ目ですね

ただもう一波乱ぐらい起きそうな感じもするんだよなぁ…

まだまだ先の読めない展開
次号に期待!





嘘喰い 32 (ヤングジャンプコミックス)嘘喰い 32 (ヤングジャンプコミックス)
(2014/02/19)
迫 稔雄

商品詳細を見る
            

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき