ああ無情 嘘喰い 372話 感想

愚直な勝負心が理に打ち勝つことだってある
ネタバレ注意

















KAJIの勝負心によって思わぬ大ダメージを受けたフロイド・リー
本来なら難なく防いで次ターンにもつれ込んだはず
ボロさんはこの結果をKAJI陣営のこっち側の人間の強みだと評しました

普通ならばフロイドのように非情で、なおかつ頭が切れる人の方が言うまでもなく
勝負に強いのでしょうが必ずしもそれが功を奏すとは限らない

そして分かりきっていたことですがやっぱりきゃどくらさんは分かっててゴムの盾を選択してたんですね^^;
一応どっちに転んでもおいしいみたいに思ってたようですが
贔屓にならない程度にKAJI側についていた部分もあったのでしょう

それにしても良い不謹慎顔だ…

とにもかくにもフロイドに大ダメージを与えた今
所持ビオスの差を吹っ飛ばしてKAJIが有利になりました

問題は次にフロイドがどの武器を選択するかになりますが
KAJIは十中八九ここは日本刀を選択、いくらか体力が回復する最終戦で拳銃を選んでくると推測

一方フロイドは悶えながら今KAJIが何ビオスを所持しているか必死に推測
一市民の価値である1万ビオス、その二人分で2万ビオス
少なくともこれより上はないと考えました

再び相手の所持ビオスが闇に包まれたのはこの状況だと非常に恐ろしいでしょうねぇ…
本来なら所持ビオスの差でフロイドの方が有利だったのに…
厳密に言えば今でもフロイドの方が所持ビオスは多いですが

KAJIも覚悟を決め、いざ第2ターンへ…

きゃどくらが布を取るとフロイドの目の前には拳銃

フロイドは3ターン目なんて鼻から考えてなく、この2ターン目で決着をつけるつもりでした
前のターンでスタンガンを左腕で受けたのも幸いし
見た目よりはダメージを受けずに済んでいました…ようですが先週の時点だとどう見ても致命傷に(ry

KAJIの選んだ盾がボカされていますが
鋼鉄の盾…?木の盾のようにも見えるが果たして…?

矛盾遊戯もクライマックスに近づいていますが未だにどう決着がつくのか全く読めない
果たしてKAJIの命運は?
次号に期待!





嘘喰い 32 (ヤングジャンプコミックス)嘘喰い 32 (ヤングジャンプコミックス)
(2014/02/19)
迫 稔雄

商品詳細を見る
            

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき