奴の名はハル 嘘喰い 375話 感想

このとんでもない来訪者に立会人たちは…?
ネタバレ注意












さらりと登場した現御屋形様こと切間創一こと蜂名直器
この超異常事態にはボロさんも門倉さんも狼狽するしかありません

あの門倉さんもちゃんみだに対して「あのガキャァ~」と内心毒づく始末
ガキ呼ばわりされてるってことはやっぱりちゃんみだの方が若いんですね
門倉さんは三十代半ばぐらいかな?ちゃんみだは二十代?

案の定ちゃんみだに事情説明の連絡を送りますが
「彼は嘘喰いの協力者のハル、それ以上説明することはない」の一点張り
一点張り…というかちゃんみだからしてもそれ以上の説明は無理でしょう

ていうか何でこうなったのか一番知りたいのは誰でもないちゃんみだなのかも

それにしても遠巻きにハルの様子を伺っているとはちゃんだも抜け目がない
もしかしたら単純に立会人二人の狼狽する姿が見たかっただけなのかも知れませんが
そう考えたら今の彼のポジションは意外とおいしいかもですね
ハルが登場して驚かない立会人はまずいないでしょうし

KAJIは彼とは廃坑以来の再会、最も向こうはそのことを覚えてませんけどね
思わぬチームメイトの登場にKAJIもまた困惑していましたが
矛盾遊戯で出来た傷のせいでそのまま気を失ってしまいました

場面変わって久しぶりに登場したカメオ
そういえばこいつの暗殺依頼から始まったんだね…
 
        ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『オルデカの暗殺依頼をしたと
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        思ったらいつのまにかアズラの砦が陥落していた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    催眠術だとか超スピードだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいプロトポロスの片鱗を味わったぜ…



流石にここまでは頼んでないとカメオも言いましたが
そもそもの暗殺以来の理由がアレなので結局BKさんに従うことにしました

町中でもアズラの陥落で話題は持ちきりでカメオとBKさんの元にも話は届きましたが
その内容は「ショウドのプレイヤーがアズラの砦を陥落させた」というもの
これには流石のBKさんも少し動揺

KAJIのインナーがハルの手によって他人のものとすりかえられて
メンテ終了後に改めて攻撃して更に砦を強奪

500億に続きまたしても後一歩、というところで痛い目を見てしまいましたが
死ぬか死なないかのギリギリの勝負をした後で同じチームのプレイヤーを疑えという方が無理でしょう
それにアズラの砦が陥落したのは事実ですからBKさんからしてもそこまで怒る理由もないでしょうし
何やかんやでBKさんはKAJIに対してもマルコ並に優しいですね

こうしてKAJIが一時戦線離脱している間にBKさんと伽羅さんでプランBを決行
プランAはなんだったのか、普通にハルと協力してカイザーを目指すみたいな感じだったのか
というか廃ビル脱出戦でもプランBを実行してたね

単純にプランBという響きが好きなだけでAもBもないのかも(

一方、このアズラ陥落ニュースに動揺するものがまた一人
ショウドのプレイヤーが陥落させたのは噂の通りですが
その実行者として名が挙がってるのは実際に暗躍したハルではなくのぶ子ちゃん
最も事前にインナーをお互い交換していたためある意味では事実ではありますが…^^;

とはいえ自分の知らぬところでここまで事態が進んでいるとなれば黙ってるわけにも行かず
ハルに追求しますがハルは「何でもするって言ったよね?」と一蹴
続けて「君を皇帝にする」と話しました。口説き文句としては100点満点の台詞(
しかしその台詞の意味するところはBKさんとの事実上の対立

BKさんもまたショウドと徹底抗戦の構えを示しました

いつの間にか屋形越えのための戦いに巻き込まれたのぶ子ちゃん
アズラの砦を落としたという事で今後は更に危険な目に襲われても全く不思議ではありません
のぶ子ちゃんの明日はどうなることやら

どーでもいいけど前より更にかわいくなったように見えるのは僕だけ?
恋する乙女のパワーって奴ですかね

次号に期待!





嘘喰い 33 (ヤングジャンプコミックス)嘘喰い 33 (ヤングジャンプコミックス)
(2014/05/19)
迫 稔雄

商品詳細を見る
            

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき