オシャレメガネ 嘘喰い 379話 感想

この島の真実が、少しずつ明かされる
ネタバレ注意














アラタは別人でも偽者でなくモノホンのリチャード・アラタでした
流石にこの辺でミスリードは仕掛けてきませんね

彼の語るRPG理論は伽羅の人生にそのまま当てはまるかもしれません
強い敵を倒してはレベルを上げ更にまた強い敵を倒しレベルを上げ…

この島は資金調達のために放射能廃棄物の受け入れもしていました
覚せい剤と言い臓器売買と言いまさに何でもありですな…
運営があまり近寄りたくない場所だとアラタは言いますが
近寄りたくない、と言うよりは近寄れないのかも知れませんね

アラタ自身もこのゲーム、というよりこの島自体の寿命がもう長くないことをどことなく悟っていました
まぁ、こんなん続けてたら何時の日か破綻してもおかしくないよなぁ…

とにかく、このゲームの創始者であり潜伏派の長であるアラタ達を仲間にしようとしますが
そんな伽羅の前に現れたのは、宿敵キョンホ・ジョンリョ

やはり出てきましたね^^;
しかも髪を伸ばしてなんかお洒落になってる

伽羅さんは初っ端からハイスピードなパンチをかましますが
寸前のところで避けられ(止められ?)てしまいました

何か嫌な予感がする始まり方ですねぇ…
やっぱり死亡とまではいかずともまたしばらく退場、みたいな展開にはなりそう
ていうかもしここでジョンリョが殺されでもしたら残りの仲間が梟のみと言うかなり苦しい状況に…
外部との連絡がついたらもっと仲間を呼べるかもですが

次号は休載
再開は再来週となります

このタイミングで休載とは…早速次回が待ちきれなくて仕方がないというのにこれは酷ですぜ





嘘喰い 33 (ヤングジャンプコミックス)嘘喰い 33 (ヤングジャンプコミックス)
(2014/05/19)
迫 稔雄

商品詳細を見る
            

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき