ループ 嘘喰い 391話 感想

ハンド・チョッパー、開戦!
ネタバレ注意











立会人、夜行の登場によりネロネロの態度は一変
王の座だけでなく互いの島落ち、更にBKさんの賭郎会員権も賭けるよう要求してきました
やはりネロネロは賭郎のことを知っていたようですね
そして超がつくほどの天才児だったようですがそう説明されてもそのように見えないのは
彼の演技、擬態の上手さを物語っているという事

普通だったら両方とも賭けたくない場面ですがBKさんはあっさり承諾
これぞBKさん

更に制限時間を1ターンごとに5秒ではなく、持ち時間せいにして一人合計5分にし、切れたら負けに
将棋やネット麻雀とかで良く見かける方式ですね

そのようにルールを改定後、満を持してハンド・チョッパーが開始されました
どうしても絵面が地味になるのではと危惧していましたが
二人とも攻撃するのが早すぎて突きの速さ比べをしているように見えます(笑)
あるいは北斗百裂拳か(笑)

まぁBKさんは北斗神拳の使い手ですしおすし

あまりに集中しているためか葉巻の火が唇の元にまで到達しても吸いっぱなし
唇が焦げ爛れてもお構いなし

そんな異常事態の中、ようやくカメオ達も
3-2→4-1でずっとループしていることに気がつきました

何となくそんな感じはしましたがループパターンが存在するんですね
僕が小さい頃にやった時はループしたことあったっけ

ループを崩した方が負ける以上、普通なら仕切りなおしでしょうが
今回は持ち時間制のため、たとえループに入ろうが先に時間を切らした方が負けになります
こうなるとゲームを熟知している+身体能力が上のネロネロの方が有利
というか、現にネロネロの方がBKさんの持ち時間を上回っております

この時点でBKさんは半ば詰みと言っていい状況ですが…?

でもこの持ち時間制を持ちかけたのはBKさんですし
ここから逆転勝利をするためのウルトラCが何かあるのは間違いなさそう





「5秒じゃズバッとやっても間に合いそうにないんだ」、ねぇ…
前々からもしかして、と囁かれてる戦術ですが、やはりそういうことなのかどうか…
なんにせよ相当意味深な台詞にしか見えません

次号に期待!





嘘喰い 34 (ヤングジャンプコミックス)嘘喰い 34 (ヤングジャンプコミックス)
(2014/08/20)
迫 稔雄

商品詳細を見る
            

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき