きっとCut 嘘喰い 392話 感想

抜け道のないループにはまったBKさん
ネタバレ注意









王を賭けたゲーム、ハンド・チョッパーが早くも終盤、というよりループに入り事実上の終了
持ち時間はBKさんの方が少なく、ゲームの経験者であるネロネロの圧倒的有利

更にネロネロは止めを刺すべくゲームスピードをUP

慣れてない人にとってはこのループを維持すること自体が困難なのもあってか
あのBKさんがループを崩すという自滅
ループ崩壊により右腕破壊

突きの速さ比べはネロネロの方が上だったということですかね

ネロネロは決定的な詰みにさせるべく自身の腕をあえて破壊させることによって
片腕ずつに指一本ずつに持ち込み、正真正銘の詰みまで持って行きました

ネロネロ「「フン!逃れることはできんッ! きさまはチェスや将棋 でいう『詰 み』に はまったのだッ!
と言いたげな表情ですね

しかしBKさんの態度を見て、最初から勝つ気がなかったのでは?
こうなることも分かっていたのではと推測

ここ最近のプロトポロスの異常はネロネロも感じ取っていて
「事と次第に」よっては力を貸すとBKさんに歩み寄りますが…
ただその事と次第がアレなので力を借りることは無理でしょう
BKさんの協力をし、皇帝にまで上り詰めたら今までのデータがリセットされるわけですしね

そんな譲歩を見て、BKさんは指をスパ━━━━(゚∀゚)━━━━ン!!
おそらく皆さん予想していた展開でしょうけど実際に切った後のBKさんの表情を見るととてもゾクゾクします
BKさんの狂気じみた顔とネロネロの抜けた顔を見ると彼らの温度差がよく分かりますね

そう、ネロネロからすれば結局今やってることはゲームに過ぎないんですよねぇ
しかしBKさんからすれば命がけ
ついには命を落とした仲間も出ています
まさに覚悟が違う

そして指を削ぎ落とした事により今までの立場が一変
今度はネロネロが詰むという事態に

ちなみに今現状の指の本数がBKさんが2でネロネロが3のため
仮にネロネロも指を1本減らしても

3→2でBKさんの指が1本に

1→3でちょうど4本になりネロネロの敗北

既に指を3本開けているため、2本削ぎ落としても自滅するだけ
つまりどうやっても敗北不可避

最も、覚悟が足りないネロネロに指をそぎ落とすなんて不可能でしょうけど


今までのギャンブルの中で一番単純な戦略ながらスマートとは言いがたい勝利ですね
時間をかければもっと安全に王を奪取する方法もありそうなものですが
アラタの言うとおり、伽羅さんの死亡により内心動揺し、焦っていたのかも知れません

しかし目と言い、指と言い、体のパーツが少しずつなくなってきているけど
オフプロ編終了時にはBKさんの体はどこまで残っているんだろう?(


次号に期待!





嘘喰い 34 (ヤングジャンプコミックス)嘘喰い 34 (ヤングジャンプコミックス)
(2014/08/20)
迫 稔雄

商品詳細を見る
            

コメントの投稿

非公開コメント

No title

目の件は、すぐに手当てをすればなんとかなると梶ちゃんが言っていましたが(思いっきり針に突き刺してたし、なんとかなるような怪我には見えなかったけど(汗)
嘘喰いの世界観的に、切断したパーツはくっつくのでしょうか?

No title

tkmiさん

違う漫画ですけどカイジでは切断した指や耳があっさり繋がりましたし
ブラック・ジャックでは自分のパーツだと接着するのは簡単みたいな台詞がありましたので
あそこですぐに治療できるかどうかは分かりませんが繋げること自体は割と難しくないと思います

プロトポロス内にも万一のための腕の良い医者がきっといるはずですし
何とかなる…といいなぁ

セリフの布石があったとはいえ、ネロネロ相手に正直ここまでするとは想像できませんでした…

ギフテッドと評されていた事といい、貘さんに自己犠牲戦法を使わせたことといい、ネロネロが捨隈クラスの強者に見えてきました笑

個人的には中々いいキャラしてると思うので、ゲーム後は程よい協力者になって欲しいです

あ、咬ませ犬の未来が…

No title

ヴィンセント・タフさん

そうですよねぇ、まさかネロネロ相手に…と言う印象はありますよね
とはいえ単純な頭脳の優秀さで言えば作中トップクラスでしょうから
不満は特に感じないです

それに今回の指切りは伽羅さんを死なせてしまった禊、罰…のような意味合いもあるでしょうしね

僕もネロネロは好きなキャラクターになったのでぜひとも活躍して欲しいんですが
島落ちを賭けてしまってますし、今のままですと退場しちゃいそう

折角良い頭脳を持ってるんだし、是非ともBKさん陣営に入って欲しいですけどねぇ…
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき