「魔」王 嘘喰い 393話 感想

ネロネロ、BKさん…両者の違いが生んだ逆転劇
ネタバレ注意










一転して今度はネロネロが詰みに持ってかれましたが当然彼は納得しません
そういうゲームじゃねぇからこれ!」とどこかの誰かが言ったような台詞をまくし立てます
でも、確かにその通りなんですよね

ネロネロにとってはそういうゲームではない
指切りなんて想像の範囲外どころか彼の中では決してありえないことだった
でもBKさんにとってはそういうゲームだった
だからこその決着

夜行さんは色々喚くネロネロに対し
この程度でキャンキャン喚くのでしたら賭郎会員はお諦めください」と一蹴
いやぁ、かっこいいですねぇ、痺れますねぇ!

結局のところ、ネロネロは無限ループに陥るのを予見して持ち時間制を受け入れましたが
BKさんは指を切る時間を確保したかった、それだけのことでした

ゲームが終わってもネロネロは彼の行動を理解することはできません
確かにネロネロからすればどっちにしろいずれ王にさせてやると明言してるのに
わざわざ指を切ってまで勝ちに行くのは確かに意味不明でしょう

しかしBKさんからすればいずれでは遅いしネロネロを信用する道理もない

そして「欲しかったら自分で手に入れる…ギャンブラーだからね…
これがBKさんの本質なのでしょう

かくしてめでたく王の座についたBKさん
夜行さんの左手も無事ではないもののちゃんとくっついてはいました
これが今後のコーヒー作りにどう影響を与えるのやら…(


王になった後も、チャンプたちは闘技場でレベル上げ
りゅうせいはてっきりこのままバチバチ戦争が始まると思っていましたが
現状レベル上げだけで不満げ
チャンプはBKさんには何か考えがあるんだろうと宥めますが…果たしてBKさんの考えはどういうものなのか

オフプロ界はまさに激震
BKさんが王になった同日にラロも王の座に就きました
そしてショウドでは…のぶ子が王、いや魔王になっていました

本人のポーズを見てると意外とノリノリなんじゃないか?と思いたくなる^^;

当初予想したとおり、三国会談の面子はBKさん、ラロ、のぶ子になりそうですね
のぶ子の行く末はどうなるのやら…

次号に期待!





嘘喰い 34 (ヤングジャンプコミックス)嘘喰い 34 (ヤングジャンプコミックス)
(2014/08/20)
迫 稔雄

商品詳細を見る


            

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき