最近遊んだゲームのトロフィーの話とか

たまには雑記も。









今年に入ってからまだ全然更新してないので何となくゲームレビューを書いていきます



絶対絶望少女
このゲームをやりたくてVitaも買ったようなもの
ストーリーは相変わらずで満足できましたが、アクション部分は正直微妙と言わざるを得ません
とは言え敢えて学級裁判からアクションへシフトした事自体は素晴らしい
こまるの冒険が続くかどうかは分かりませんが、もし続くのならかなり期待できるでしょう

トロフィーの「365日いつも万枚」は累計ではなく現時点での所持数でカウントされるので注意
後は軽いメダル稼ぎで全てのトロフィーが埋まるハズ

dangan.jpg

God Eater2
先月より入会したPS+で配信されていたのでプレイ
所謂狩りゲーって奴ですね
武器を試行錯誤で強化しつつ巨大な敵をばったばったとなぎ倒していくのは実に爽快
ラスボス手前まではサクサク進めたのですがそのラスボスことマガツキュウビが無茶苦茶強かった^^;
それまでのボスキャラとは全然格が違う

何よりも辛いのがマガツキュウビの他にハガンコンゴウとセクメトを引き連れている点
コンゴウはともかく個人的にはセクメトがきつかった

全員入り乱れる乱戦になるとまず勝ち目がないと思うのでまずは各個撃破を心がける事
真ん中のエリアで殺生石を発生させられると移動に支障をきたす事があるので
マガツキュウビを相手にする時はなるべく端のエリアで戦うようにしましょう

どうしても倒せない、と言うのであればオンラインで協力プレイを推奨
新作発売後は人口がどうなるか分かりませんが現時点だと人は十二分にいるので過疎で困ることはありません

おそらく禍ヨリ来タリシ者(マガツキュウビ撃破)獲得と同時にプラチナもとれてるはず
トロフィー的には特に難しい部分はありませんね

God Eater

ララ・クロフト アンド ガーディアン オブ ライト
ファミ通キャンペーンで配信されていたのでDL
トゥームレイダーシリーズはやった事が無かったのですが、雰囲気がアンチャーテッドに通ずるものがありますね
操作性も良く実に楽しめました

トゥームレイダー」は全ステージのスコアアタックとタイムアタックをクリアしないといけませんがそこまで難しくありません
タイムアタックがどうしてもクリアできない場合はyoutubeの動画を参照をすると良し
後のトロフィーはコントローラー二つ持ちでどうにでもなります
持ってない場合はネットの協力プレイで取得可能(未確認)
人がどれくらいいるか分かりませんが…

lara.jpg

龍が如く1&2 HD
フリープレイで配信されていたのd(ry

名前自体は前々から聞いてたんですけどね、遊ぶのはこれが初めてでした
本編のストーリーはそこまで長くないですがやれることがいっぱいあるためボリューム満載
どいつもこいつもキャラが濃い奴ばっかりなのでやってて全然飽きが来ません

神室町無双
1,2共通トロフィー
どちらも基本的にはセーブ&ロードで獲得可能
1の場合は最終章でショットガンを買いまくってぶっ放せば楽
2は2周目の第1章が敵も少なくて楽

伝説のチャンピオン
こちらも1&2共通トロフィー
2はともかく1の小牧は中々強敵
カウンター主体で積極的に投げを狙いにいけば楽に撃破できる…はず

亜門撃破
1のトロフィー、全サブストーリークリアで登場する因縁のライバル
普通に戦うと勝ち目が薄いので12章で特製特集警棒を買いまくってハメると楽

遥に首ったけ・上級
1最大の難関トロフィー
メジャー級全球ホームランとスロット3000枚で立ち止まる人が多いでしょう
バッティングセンターは途中でポーズをかけることが出来るので
wikiで1球1球確認しながら打つことも可能
ちなみに球種は固定

スロットは遥から貰った777の札を使えば時間はかかるものの簡単にクリアできます

凄腕経営者
2のトロフィー、桐生さんまさかのキャバクラ運営
基本的に一番高い備品を買いまくってキャバ嬢はフランス製マフラーを与えまくれば話は進んでいきます
メニューとセットの料金は一番最後の段階以外ではどちらも平均的価格に設定しました(多分…)

亜門一族撃破
2でもまたまた登場亜門丈
麻雀、将棋、パチスロを除いたサブストーリー全クリアで出現
このサブストーリーには前述のキャバクラ運営やキャバ嬢攻略、地下闘技場全敵キャラ撃破も含まれているので
作業量が1の時よりもかなり増えています。

サブストーリーの中だとアルバトロス赤木とバッティングセンターのボブのイベントが少しキツイでしょうか
アルバトロス赤木はyoutubeに分かりやすい攻略動画があるのでそれを参照
バッティングセンターは球の軌道がとんでもないですが前回の遥のおねだりとは違って
全20球の中から半分の10球をホームランにするだけでいいので数回やればクリアできるはず

肝心要の亜門戦ですが
前作みたいに特殊警棒が使えないので基本的に真っ向勝負と言うことになります
韋駄天水を使えば亜門のスピードが半分になるのでいくらか楽
あまり不用意に近づきすぎると一気に体力を持っていかれるので注意

ryu.jpg

ryu2.jpg

こんなもんでしょうか
またその内レビューするかも知れません
            

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき