立会人の価値、priceless 嘘喰い 406話 感想

査定おじさん、登場
ネタバレ注意












今はもう動かぬ伽羅の死体の前に現れた能輪
彼の伽羅に対する査定と台詞はどんなに強かろうが死んだらそれまで、死ぬことは許されないと言う
裏の世界の厳しさを教えられます

一方、南方を追い込んだ伝説の暗殺者、百龍への査定は1億円
梶レートに換算すると百龍一人で実に梶100万人分と釣り合う事になります
あれ、こう書くと何かそうでもないような(
とにもかくにもここまでの高査定は本人が言っている様に滅多にあることではありません

しかし暗殺者相手にどうするのかなと前回から思っていましたが答えは…!
百龍のツボをついて(もしかして毒針?)右手の動きを封じた後
能輪、大飛翔
何だこの高性能おじいちゃん

しかし向こうも名だたる暗殺者
一度は針を喰らったものの、2発目以降は見事に受け止められてしまいました
最後の一発も避けられてしまい最早これまでか…
と思った瞬間、南方が拳銃に手を伸ばし百龍もこれに釣られ先に南方を始末しようとしましたが…


お前、立てるのかい…?


高性能どころではありません
このおじいちゃん、暴も普通にイケちゃうようです
能輪が立てて、歩けることを知っているのは当人だけなのである意味ハルの秘密よりも重要機密^^;
何かあったとき、やはり頼るべきは自分の体ですしねぇ…
最後の切り札、て奴なのでしょう

ちなみに南方さんは能輪の針で無理やり手を反応させただけでした
南方…(´・ω・`)
生きてはいるみたいだからそこは良かった…かな

とある海岸、そこにいるのはラロの協力者達
その中には伝説の暗殺者、百龍の姿も
…あれ、つい数ページ前で戦っていたのは偽者!?
南方さんは偽物にやられてしまったの!?
能輪は偽物にドヤ顔で査定してたの!?


最も能輪は南方さんを助けたし、あの偽者に対して高い査定はしたものの立会人としての食指は動かなかったため
彼の本質は見抜いていたのかも知れません
南方さんは…(´・ω・`)

ところで、今週名前が出てきたバイロンイン
バイロンは登場しましたがインはまだ名前だけの存在です
となるとインは一体誰なのか?新キャラなのか?という話になります
百龍と言う名前からしておそらくは中国関係の暗殺者なのでしょう
そして一人称とそのシルエットからして歳を重ねた達人、と言った印象

賭郎内でも中国系武術に通じていて大分高齢な立会人がいますね
ちょうど性別も対になっていますし、伽羅さんの回想で「旦那とデートに行く」発言をしていましたしもしかして…?
…ちょっと根拠が弱いかも^^;

さて、運営はこの招かれざる侵入者にBAN処置
立会人達はへの不正入卍者の徹底排除
ラロの協力者達は運営の支配&立会人達の殲滅

三者の思惑が交錯し、そして喰らいあう
こんな状況の中、BKさん達はどう生き延びるのか!?
次号に期待!





嘘喰い 36 (ヤングジャンプコミックス)嘘喰い 36 (ヤングジャンプコミックス)
(2015/02/19)
迫 稔雄

商品詳細を見る
            

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつも楽しく読ませてもらっています

捨隈、ロバートK、梟に今回の百龍達…とアイデアルの配下にはアジア系がかなり多いですね
カラカルがアジア人を毛嫌いしていた背景にはそういうがラロに重用されている嫉妬みたいなものもあったのかもしれませんね

中国読みで鷹はインと発音するらしいですよ。多分インはタカさんでしょう。

No title

通りすがりさん

確かにアジア系が相当多いですよね
ていうかむしろアジア系じゃない部下から数えた方が早いくらい
特にロバートKはラロからの信用も厚いですしそこから嫉妬心を抱く、というのもありえますね

ふらっとさん

ググったら本当にそうでビックリしましたw
流石にこれは決定的ですよね
違ったらズコーですが(

箕輪に殺された暗殺者もパイロンだったような
しかしアイデアルがホワイト企業に感じる和気藹々さ

No title

あっちでは腕の立つ殺し屋はバイロンをもじった名前を名乗る場合があるのかも知れませんね
最も実力は当の本人には程遠そうですが(笑)
殺し屋稼業はそのきな臭さゆえに雇い主から切られるリスクは高そうですから
横の繋がりはかなり強いのでしょう、密葬課もそのような感じがありましたしね
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき