コワシ・ブランドー アイアムアヒーロー 200話 感想

連載200回目おめでとうございます!
ネタバレ注意













記念すべき連載200回目、その最初のシーンを飾るのがZQNの大群と言うのはお祝い気分を盛り下げさせてくれます
その中の一人が毅ZQN(仮)の頭を大事そうに抱え、座り込みました
やはりあのZQNは通常ZQNの中で特別なものなのでしょうか

その毅ZQNの頭に多くのZQNが群がり
抱えていたZQNの頭を引きちぎると、そいつの胴体に頭を乗っけました
これは…胴体を取り込んで復活するフラグですよね…?

このくそったれ野郎の首から下は名も無きZQNの肉体をのっとったものなのじゃあああーーーあああ!!

元々ZQN同士で融合?し合うのは判明していた事なので体を乗っ取って復活しても驚きは無い…かな

一方、そんなことが起きてるとは露知らず浅田様のために必死に布団を運んでいるコロリと瀬戸君
コロリがこの組織で不遇をかこっているのは本人にカリスマ性があり能もあるからだと思っていましたが
どうやら本人にもそれなりに問題がありそうですね
最も、痴漢とかもしているので問題児以前に本来なら犯罪者ですが

瀬戸君がカレーは飽きたと言っていましたが
久喜一派が匂いが原因でカレーを食べられなかったことを考えると
本人には勿論その自覚は無いですが、(今は)安全圏にいるゆえの贅沢なのかな、と思ったり。

コロリ達の知らぬところで着実に何かが進行している今回。
彼らが再び毅ZQNと相対する時が来るのか?
次号に期待!





アイアムアヒーロー 16 (ビッグコミックス)アイアムアヒーロー 16 (ビッグコミックス)
(2014/12/26)
花沢 健吾

商品詳細を見る

            

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき