スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スケープゴート 嘘喰い 407話 感想

彼もまた元は一ゲーマーだった…
ネタバレ注意












若かりし頃の台馬
彼もまたリチャード・アラタに憧れた社員の一人でした
台馬の語るゲーム論にはグサリと来ましたね

確かに今の時代は趣味が多様化し、ゲーム一本に限ってもゲームソフト自体が溢れかえるようになり
適当に進めてクリアしたらハイ次…なプレイスタイルの人が多いのではないのでしょうか
あるいはちょっとでも自分に合わないと感じたら積むなり売るなりしてハイ次…

そんな人たちも子どもの頃はクソゲーだろうと神ゲーだろうと買った以上はそれなりに遊び、やりこんだはず
当時は金が無かったからしょうがなく、と言うのも勿論理由の一つでしょうけどね

とにかく台馬はまたそんなずっとやりこんでもらえるゲームを創るのが長年の悲願であり
アラタにこのオフラインゲーム、プロトポロス島の作成と運営を頼まれました

しかしそんな彼も島の闇を背負いすぎたために変わってしまった
いや、むしろ根底にある部分は何も変わってないのでしょうが
このゲーム島維持のために彼は一線を越え、暴走してしまいました

こんな非現実的な島を維持するためには誰かが裏の部分を背負わないといけないのでしょうが
彼は背負いすぎてダークサイドに堕ちてしまったのですね…
卍戦がトリガーになったのは事実ですけど、遅かれ早かれ破綻は避けられなかったはず

この台馬の暴走はアラタの耳にも届いており
紙幣の件についても彼の逃亡用資金だと言っていましたが
その実は「アウトローが所持していた紙幣」であり台馬の金ではありませんでした

その紙幣は誰でもないアラタのものでありヒューガー人民共和国を買うための資金源でした
更にアラタはプレイヤーとして復帰、つまりアウトローではなくなりBKさんとの契約を事実上打ち切りました
少し前にアラタはβ版がもう少しで終わると発言していましたし別の島で新ゲームを創り上げるつもりなのでしょうかね
彼の目的はいまだ読めない部分が多い…

それにしてもあの肉体を見てると割と暴力もある方なんですかねぇ
流石に鷹さんより強いとは思えませんが…

一方の台馬はちゃんみだに逃げられ、円堂にこの島を売ったと誤解され大ピンチに
うわぁ…何という間の悪さ、これは流石に台馬がかわいそうですね
証拠がある以上、今更真実を話したところで再び信用を勝ち取るなんて到底無理でしょうし…
でも一人で背負わずにちゃんと説明すれば避けられた誤解ではあったので
台馬の身の振り方が結局今になって全部返って来てる、てことなんでしょうねぇ

島内では運営と賭郎によりアラタの私兵が次々この世からBAN
勿論そうやって動き回ってるのは囮であり、本命はシステムへの不正アクセスで運営を乗っ取ろうと画策中
島やらネットワーク内やらに侵入者が多すぎて運営も禿げそうなくらい頑張っております
ていうか一人既に禿げて簾みたいになってる奴いますよね
そういう髪型なのかどうなのか…(

アラタがプレイヤーに復帰したことにより
選王候補のプレイヤーが一人増え、BK陣営が必ずしも3国の王の座を奪えると言う保障が消滅しました
それどころかもしアラタが王になったら詰みかねない状況に

藤壺がなにやら弄くろうとしてますが
アラタと台馬のパスワードさえあればシステムを改竄できちゃうんですね
ザルではないですが思ったほどガチガチのセキュリティでもない感じがしなくもない

一転して窮地に追い込まれた台馬
29日の様子を見てる限りだと結局誤解が解けないどころかむしろ対立が深まってるようにも見えますが
果たして再び彼らが手を取り合い協力する事が起きるのか…?

次号に期待!





嘘喰い 36 (ヤングジャンプコミックス)嘘喰い 36 (ヤングジャンプコミックス)
(2015/02/19)
迫 稔雄

商品詳細を見る
            

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。