はじめの一歩 アイアムアヒーロー 203話 感想

パンデミック時、彼女は…
ネタバレ注意














前回でも描かれていた通り、彼女は足が不自由でした。
右足に義足をつけており満足に歩けません。

そんな彼女がZQNパニックから逃げられるはずも無く
いともたやすくあっさりとZQNに噛まれてしまいました。
医者ZQNは噛んだらすぐまた次の患者(獲物)を探しに行ったので生前はマジメな医者だったのでしょう(

ところで無口ちゃんって喋ることが出来たんですね。
僕はてっきり喋ることも出来ない子だと思っていたのでちょっとびっくり。
単純に無口なだけ?

噛まれたところでどうしようもなく、ベッドで横になる無口ちゃん。
最も逃げたところで病院内はまさに阿鼻叫喚のZQNパニックになっているのですが…

しばらく時間が経過し彼女も発症するかと思いきや…
おそらく大半の人が予想していたでしょうが彼女もまた狂巣化していました。
僕はもしかしたら違うパターンかと考えましたが案の定外れました^^;
いやぁ、僕の予想は悉く外れますねぇ

千羽鶴にあまりにも薄っぺらい応援文の幻覚(?)が見えるようになり、それが彼女を苛立たせました。
入院前にクラスメートか誰かから言われたか、あるいは実際に入院中にそういうメッセージが届いたのか
確かに何を書けば良いのか分からないというのも理解できますが
ここまでテンプレな内容だと患者の方は何ともいえない気持ちになりますよね。

翌日、義足だったはずの右足に血管が走りある程度動かせるようになりました。
成る程、前回の足はZQN化の症状と言うわけではなかったと。
しかし義足すら取り込むとは…ZQNの力恐るべし

狂巣の力を得た来栖、たかし、裸ネクタイ、パニーニ男が幸せになったかどうかは分かりませんが
無口ちゃんにとってこの力はまさしく大きな一歩と言っても良いでしょう。
多くの人が絶望のどん底に落とされたこのZQNパニックで希望を掴むと言うのも皮肉な話ですがね。

武器回収に行くために迎えに来たコロリと瀬戸君にそっと微笑む無口ちゃん。
どこと無く死亡フラグを感じさせますが…生き残って欲しいですねぇ。
そう思う読者が多くなると助からなくなりそうですが(
藪さんや毅(仮)も平気で退場させる漫画ですしね…

次号に期待!





アイアムアヒーロー 16 (ビッグコミックス)アイアムアヒーロー 16 (ビッグコミックス)
(2014/12/26)
花沢 健吾

商品詳細を見る
            

コメントの投稿

非公開コメント

無口が立った

毅(仮)の生首時点である程度予測できたかもですね。
「なくなっても再生できる。」
みたいな

実は彼女話せるのではないでしょうかね
話すと例の感じ(変文字)になるんで
駆除されちゃうから敢えて話さないのか、
今現在も実は夢の世界(ZQN特有の違う)をみてるのかも。

クルス・たかしとかとチャットしてるかもしれませんね(笑)
ちぎれても再生できるということは、動物病院で首ギャルも再生可能ですかね?
もっと想像をたくましくすれば
てっこも……???(半腐り状態でしたが)

No title

YOUさん

前の毅ZQNの描写はこのための布石だった可能性がありますね。
僕はただあの復活に驚いただけですが(笑)

こうなると問題はコロリや瀬戸君はこのことを知ってるかになりますが
仮に知っていたとしても浅田やその他のメンバーにはまず知られて無いでしょうから
ボロを出さないために何も話さない、というのはありえる話ですね。

てっこは最初こそは首を切断されて殺されたものだと思っていましたが
回が進むことに遠まわしに生存の可能性が示唆されてるように見えます。
でも肉体はほぼ腐敗してたしなぁ…
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき