こじつけの口実 嘘喰い 411話 感想

パチャ…
ネタバレ注意










何とか生きていたパチャンガ。
ですが肩をチェーンソーで切られて重傷の非常事態。
そのパチャンガを攻撃したのは運営でもアイデアルの兵隊でもなく一プレイヤー
と言っても武器を所持しているためアイデアルの息がかかっているのは明白ですが
不正入卍者ではないので立会人から粛清されることは無いと言う。

その場で仕入れた兵とは言え相当使い勝手は良いでしょうね^^;

前回、何故未だにインナーの充電の描写を描き続けるのか疑問に思いましたが
このカイザーフェスタ中でもインナー充電を怠った時のペナルティはまだ生きてたんですね
特に王候補であるBKさん、チャンプ、りゅうせいはレベルが1でも下がると王資格を消失。
だからこそあんだけ念入りに充電していたと…

しかし充電できる場所は限られており、アクセスポイントで充電すると
もれなく位置情報がタブレットに発信されてしまいます。

上に書いた通りこのごたごたはあくまでプレイヤー同士の話なので
立会人はわざわざ介入する道理はないのですが
BKさん、KAJIちゃん共に上着を入れ替えると言う発想にたどり着き何とか難を逃れました。

門倉さんの言うとおり滅茶苦茶な理屈なのですが
制電時の恩を返すという形でちゃんと乗ってあげるあたり
二人の間にも専属立会人としての間柄が確立されていってるように見えますね。
BKさんと夜行さんは言わずもがな。

ところでふと思ったのですがこのBKさんとKAJI、二人の作戦がシンクロしたように見える描写は
KAJIちゃんがBKさんに智の面で追いつきつつある、と言うのを描きたかったのかも知れませんね。
雄牛編からKAJIちゃんの成長は目まぐるしい物がありますから
そう遠くない未来にBKさんと並ぶのもきっと夢ではないでしょう。

チャンプさん達もインナーから情報が漏れていることに気がつきましたが
気づいたところで充電をやめるわけにもいかず、31日までやり過ごすのに後最低2回は充電しないといけません。
今回は相手が武器持ちとは言え所詮は烏合の衆なので逃げ切れました。
しかしその内腕利きが現れる可能性が十二分にありえるのでそこをどう凌ぐか・・・

未だ詳細の書かれていないりゅうせいは無事なのかも気になりますね。

一方、アラタが国を買ってプロトポロスを始めることに台馬さんがスゲーと言ってますが
円堂の言うとおりそれどころではありません。
だんだん台馬さんが残念な子のように見えてきましたがあくまでただのアラタ信者なだけ…のはず(
ていうか円堂も普通にタメ語で話しちゃってるし…
管理者としての威厳が消失したのは確かですね(笑)

そんな二人の話を檻の中から聞いていたハルは
このプロトポロス島はテスト版、運営に全ての罪を着せて自分はアラタな国で
ゲームを開始するつもりなのではと推理します。
その推理はズバリ的中しているわけですがやはり台馬さんだけでなく他の運営も切るつもりなのでしょうかね。
藤壺も…?

この話を聞いた台馬さんたちは一体どうするのか?
次号に期待!





感想はここまでにしてパチンコ版の話

今年3月より導入されるんですね。思ったより早かった。
スペックとか記載されてますがパチンコをやらない僕にとってはやはりピンと来ません^^;
読切版の蘭子戦は勿論、マルコの○○卒業シーンも収録されてるとは。
アニメも作画が思ったより良さそうですしそういう意味では期待出来そうですね。
でもリーチが外れてあっさり負ける貘さんは見たくないような、見たいような…w

もし打った人がいれば感想を是非聞かせて欲しいです。





嘘喰い 36 (ヤングジャンプコミックス)嘘喰い 36 (ヤングジャンプコミックス)
(2015/02/19)
迫 稔雄

商品詳細を見る


            

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき