ここでか! 嘘喰い 412話 感想

ついにあの男が動き出す
ネタバレ注意










ハルが示したアラタの運営切捨て説
アホの子台馬さんもそれに同意…は流石にしませんでした。
御屋形様をアホ毛呼ばわりしてて思わず笑った(

かつてアラタは台馬さん含む社員と共にたとえ死者が出ても耐えてきた同士だったそうですが
本当だとすればこのプロトポロスはとんでもないブラック企業なのかもでしょうね
まぁオフラインゲームを毎日24時間年中無休で維持し続けるのは過酷の極みには違いない
企業体系がブラックでも夢と希望があれば人は付いていくものですね…

そしてこのタイミングで藤壺含む班長達がメインコンピュータールームで篭城しました。
藤壺は完全にアラタ教にどっぷりつかってますが他の二人はまだ半信半疑のように見えます。
ただこのままだと藤壺に言いくるめられるのは時間の問題か

アラタは台馬さんたちから見れば間違いなく英雄そのものでした。
しかしそれはあの過酷な環境であったからこそ
それ以外の場面だと単なる破綻者、異常者と差異が無くなってしまう。

円堂はそんな彼をアウトロー生活が長引いた故の破綻だと評していますが
他のアウトローはともかくアラタは自分がそうだと運営に名乗れば
いつでもプレイヤー復帰は十分可能な立場なはずだしなぁ…
やはり元が異端な部分が強かった故の暴走に感じますねぇ

その異常者アラタはこの騒ぎを通してどんな混沌でも生き残ることができる
生命力の強いプレイヤーを厳選しようと画策しています。
つまりそのふるいにかけられ、耐えることのできなかったプレイヤーは…

チャンプ「パ…パチャ…

け…けがをしているだけに決まっている…かるいけがさ…
ほら…しゃべり出すぞ…今にきっと目をあける…

パチャンガ?…そうでしょ?…起きてくれるんでしょう?
お…起きてくれ!たのむ…パチャンガ!!


前回の時点で難を逃れたと思い込んでいましたが
首元を切られたし致命傷になってしまったか…?
単なるミスリードだとどれほど良いか…
でもパチャンガは役職は奴隷のままだし弱者代表として死を描かれた可能性がやっぱり高いですよね…

この重苦しい展開も醒め止まぬまま、ラロの元に連絡するものが。

ワシだ…梟だ

来た!来た!!ついに来た!
ついに奴が動き出した!!
ラロの表情が一瞬「誰だっけ?」みたいに見える(

ここか…ここでか」…まるで読者の気持ちを代弁してるような台詞ですね。

その連絡を受け、移動するラロを当然追跡する亜面さんですが
後ろにはモノホンの百龍さんが。

まさかの亜面VS百龍
ようやく亜面さんの暴力が見れそうですが流石に相手が悪すぎる、か。
ここに是非とも鷹さんも乱入して欲しいけど、タイマンの戦いも見たいような…




結局梟がここまで潜伏していた経緯も次回以降で語られるんでしょうけど
少なくともゲームプレイヤーとして役割はなさそうか?
レベルを79辺りで留めておいて、カイザーフェスタ中に何とか80にして王候補になるとか
うーん、やっぱりないな(

各陣営大きく動き出した今回
次号に期待!





嘘喰い 36 (ヤングジャンプコミックス)嘘喰い 36 (ヤングジャンプコミックス)
(2015/02/19)
迫 稔雄

商品詳細を見る
            

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき