確かに感じる生への予感 アイアムアヒーロー 206話 感想

二人でイチャイチャしながら東京へ
ネタバレ注意










今回も二人のラブラブ回です。
天国にいる藪さんは泣いて良い

僕もペーパードライバーですがETCへの謎の憧れみたいなのはちょっと分かります。
小さい時からあそこを通ってみたいと感じてはいたのですが
父が頑なにつけようとせず、更に僕も運転が出来ないので未だに中々通る機会が無い。
この前知人の車に乗ってETCを通過した時は謎の感動がありました(
ほんの数秒の出来事なのにね(

それはともかく、英雄の望みどおり自転車でETCを通過。
例の如く英雄が斥候役として周りを調べましたが今回はZQNは登場せず。
その代わり海へと続いていく不自然な血痕がありました。
更に途中には衣服が散らかっており非常に怪しい。

比呂美みたいに海を見つけたからフラッと立ち寄った…というわけでは無さそう。
おそらく噛まれて傷を負ってるでしょうし…
となると、発症者が何らかの理由で海へ向かったと考えるべきか。
今のところ理由は分かりませんが…

ところで、作中でもてっこの安否について触れられましたね。
やっぱりこれはまだ生存してるフラグか…?
既に発症してるのに生きてると言って良いかは怪しいところですが。

でも仮に生きてたとしてそこにいるのは動物病院の時みたいな首だけZQN。
そんなZQNがこの物語でどう影響していくのか気になりますね。
英雄が最初に出会ったZQN(一応一巻でもZQNは見かけてましたが)にして一番異質の行動を取ったZQNなので
再登場する時は何らかのキーマンになるのは間違い無さそう。



英雄と比呂美の「寄り道」はまだまだ続きそうですね。
次号に期待!





アイアムアヒーロー 16 (ビッグコミックス)アイアムアヒーロー 16 (ビッグコミックス)
(2014/12/26)
花沢 健吾

商品詳細を見る
            

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき