殺し屋の最期 嘘喰い 424話 感想

人殺しは最後に何を見るか?
ネタバレ注意











暴徒による暴虐で立会人、運営、プレイヤーは皆心身ともにボロボロ。
そんな中、鷹さんが森の中で子供プレイヤーを発見しました。
他のプレイヤーはこの子の事を気にはかけてくれましたが、当の親はこの島にいませんでした。

まさか子供を置いて島落ち…?
そもそも普通のプレイヤー自体が訳ありの人が多いのに親子ぐるみで島にいると言うことは
相当何か事情があるんでしょうね、主に悪い方向に(

暴徒たちは当初の目標を離れただ目の前に現れた人を叩く存在に…まぁそれでこそ暴徒と呼べるかもですが。
例え相手が伝説の殺し屋だろうと容赦はしません。
夜行さんと対等以上の戦いを繰り広げた暴力が何でもない一般プレイヤー達のリンチで沈んでいく…
読者視点から見れば悲しいものがあります。

鷹さんの子はてっきりどこかで生きて登場するものだとばかり考えていましたが
まさか生まれてまもなく亡くなっていたとは…
冷静に考えればこの可能性も高いはずなのに全く考えに入れてなかった…
最近はちょっとムダに深く考えすぎてたかもしれません^^;

子供の死を百龍に伝えるまで死ねないと考えている鷹さん。
そして今、目の前にはボロボロになり暴徒を始末している彼の姿が。
百龍も意識朦朧で鷹さんを判別出来ずに彼女に襲い掛かってしまいますが
最早そのボロボロで錆びれた刃では鷹さんに敵うはずもなく一瞬で沈められました。

鷹さんも百龍もお互いがお互いの事に気づけなかった故の衝突。
いや、あるいは気づいていたのか。
それは二人にしか分からない…

自分の愛人すら依頼があれば殺人を厭わない…
そんな暗殺者にとってその愛人にとどめを刺されると言うのは、ある意味理想的な最期とも言える…かも

もし、鷹さんへの執念がどこかで振り切れていたらこの最期にはならなかったのかも知れませんね。

それにしても最後のページの鷹さん、随分若々しく見えますね。
皺がないからでしょうか(

次号に期待!





            

コメントの投稿

非公開コメント

百龍さん亡き今は梟とアノマさんが気になりますね

No title

「リーダーが戻るまで」
これはもしや!
弱きを助ける不死身(世間的には死んでますけど。。)の漢

No title

たまにしか来れないけど楽しませてもらってるよ頑張って!

No title

海月さん

何となく読めていた事とは言え最強クラスの暴力を持っていた百龍が逝くとは…
アノマは戦力としては未知数ですが是非とも活躍して欲しいですね!
梟も満を持しての登場ですし、既にハルとの邂逅も済ませていますし
その内大きな見せ場が来る!…といいなぁ(笑)

名無しさん

うお、この台詞、記事投稿時には見逃してました(
結構重要そうな台詞なのに鷹さんVS百龍のインパクトに捕らわれ、スルーしてしまうとは…
こちらの方も要注目ですねぇ

名無しさん

ありがとうございます!
正直考察としても、あらすじとしても中途半端な文だとは自覚していますが
それでも作品とともに応援してくだされば光栄です!^^
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき