ちょっと通りますよ… アイアムアヒーロー 217話 感想

舞台はスペイン、バルセロナへ…
ネタバレ注意













英雄達の事も気になりますが、今回は再び海外へ舞台を移します。
もうこの引きも何度目だろうか…


このマスクを被っている主人公っぽい男性もどうせ実は感染してるんだろうなぁ…とか思いつつページをめくったら

!?

!!???

!!?!?!!!!?!??????!?


これはどういったら良いのでしょうか…?
海外編ではパニックに巻き込まれ感染(台湾)→実は既に感染していた(ベルギー)→実は既に発症していた(イタリア)
と展開に少しずつ変化を持たせていましたがこれは流石に変化が過ぎますね(

まさに
  /⌒ヽ
  / ´_ゝ`)すいません、ちょっと通りますよ・・・
  |    /
  | /| |
  // | |
 U  .U

を思い出すスタイル。と言うよりまんまそれ(笑)

しかしこの男性、見た目こそは大分面白い姿ではありますが思考自体は至って正常。
それどころかイタリア編のあの男のようにかなり賢そうな印象を受けます。

この男性の観察によるとZQNはおおよそ3つのタイプに分けられるそうです。
1つ目は一番ポピュラーな噛みつき等により感染を広げるのが目的のZQN
2つ目はその町の建物みたいな姿になって町を清掃するZQN
3つ目は人間、ZQN見境なしに襲い掛かる目的不明なZQN(=狂巣?)

この町では既に一通り感染を広げきったからか通常ZQNは既に姿を消していました。

考察した男性自身はこの3つのタイプのどれにも当てはまりません。
そもそも人間なのかZQNなのかも不明…まぁ人間ではなさそうですけどね
男は自身に歩くための足と考察するための頭が残されている事から
自分は観測者としての役割を与えられたのではないかと考えました。

ある意味ではイタリア編のあの男達と少しポジションが被っている…かもしれない

サグラダ・ファミリアにある巨大な巣…イタリア編のそれと似ていますがこっちの方がより大きい。
この町にも女王蜂がいるのか、あるいは…

とにかく分からない事だらけ!
次号に期待!






            

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき