感染者炙り アイアムアヒーローinOsaka 第3話 感想

機内でも感染者発生…
ネタバレ注意











最新話は↓より読めます。
アイアムアヒーローinOsaka 3話



おじいちゃん大暴走により機内もパニックになるかと思われましたが
迅速な対応によりおばあさん以外の犠牲者は出さずにすみました。
おばあさんの方はまだ発症していないのでしょうかね、だとしたら少しかわいそうですね。

だがまだ発症はしてないものの既に噛まれて感染してる人は間違いなく他にもいるわけで
機内では感染者探しに躍起になりました。

しかしその流れを止めたのはあの沢村。

医療関係に勤めている友人からワクチンの開発に成功したらしい…ですが
本編の今の状況を見ると嘘だったというのは丸わかりですね(笑)
梢もネットで一切ワクチンについての情報が流れていないのでやや怪しんでいますが噛まれた友人は安心しきっています。

単純にその場を収めたいが故の嘘なのか。
そうだとしてもその結果どうなってしまうのか沢村が分からないはずではないと思うんですけどねぇ。
ワクチンの件が本当にしろ、噛まれたと分かった人は縛っておくべきなんでしょうが
やはりその人に意思が残っている以上は難しいか…

一方、辰男じゃ梢の元へ向かいますが目の前に飛行機が落下。
道路がめちゃめちゃになり足止めを食らってしまいます。
現実離れした現実に思わず辰男も絶句。


偶然にも沢村は梢と同じく美容師として働いていました。
今回独立し、開業するために大阪に来たのですがこの惨事に巻き込まれてしまいました。
同業者として梢の方に興味が集中し、友人のほうはやや置いてけぼり。
この微妙な間、というか人間関係はアイアムアヒーロー名物と言うべきですかね(笑)

沢村は今回のパニックで開業を諦めようとしましたが
梢は何故かまたすぐ日常生活に戻れると謎の確信を持っています。
来栖編の苫米地もそうだけど、パニックでその惨状を自分の目で見たにも関わらずなぜそう思えるのか。
何か根拠があったりするのでしょうかね?

そんな話をしている間に辰男からの連絡が。
辰男が今すぐそっちに向かうと言いましたが空港は感染者でまさに大パニック。
沢村と二人してこっちに来るなと必死に止めますが
彼からすればその隣にいる男は誰やねん!となり逆効果に(

更に機内でも先ほど感染容疑者として疑われた男が案の定発症。
再び内も外も混乱状態に…

あらぬ誤解をしている辰男は結局空港に向かうことに。
沢村の魔の手から梢を守れるか?
次回に期待!




アイアムアヒーロー(18): ビッグ コミックス

            

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき