智略の海に溺れて… 嘘喰い 441話 感想

両者とも思考と言う名の沼にはまる
ネタバレ注意













ラロに敢えて法則を教え、両者とも爆発的に酸素を消費するようになりました。
一見トチ狂った行動…いや実際に狂っていますがその狙い自体は分からないものではありません。
しかし梶ちゃんの言うとおり酸素をいっぱい吸える外野のほうが彼らの思考に追いつけてないのもまた事実。

この置いてけぼり感は帝国タワー編を思い出しますねぇ。
あちらはゲーム自体がより複雑で「先生」が登場するまで人主は勿論読者視点でも追いつけなかった人のほうが多かったはず。
最も、その先生のだした図によって話が余計混乱することになりましたが…

話を戻して。
酸素の急激な消費により両者とも呼吸用ビオスを交換。
これで貘さんが4ビオス目、ラロが3ビオス目に突入しました。
まだ呼吸用ビオスではそこまで差がついてなかったみたいですしあのタイミングで教えたのは正解だったか。

ラロも法則を知ってしまった以上は「どの手札が最強の役」を作れるのかを全力で思考します。
そこで浮かび上がったのはやはりロイヤルストレートフラッシュを作れる47
ただ、2回戦目でAのスリーカードだった場合は作れませんが
それでも現状勝率の最も高い手札には違いない以上それに賭ける外ありません。

一方貘さんの最強カードはストレートフラッシュの作れる25
分かっていた事ですがやはりラロのそれよりも格が落ちてしまいます。
しかも両者の切り札はあくまで現状の話であって
勝負するたびに作れる手役も変わってくるはずですのでそのたびに考えないといけないのか…

ラロは現状の最強カードである47を提出しようとしましたが留まりました。

法則も分かった以上この先大きくベットするような展開はもう望めない。
これからは同じペースで呼吸し、ベットはもう起きないと仮定すると
貘さんは後一勝するだけでギリギリセーフティラインにたどり着けます。

つまり貘さん側からすれば切り札で手堅く一勝したい…
なるべくラロとの切り札同士がぶつかり合うような展開は避けたい…
逆に言えばラロは自分の切り札で彼の切り札を粉砕しないとほぼ勝ち目がない状態。

貘さんがラロに法則を教えたのは酸素を消費させるだけでなく
適当な場面で切り札を出されるのを嫌った上での行動だったんですねぇ。
これにより安易に三回戦目に47を提出できなくなったラロ。

エア・ポーカーはこれにより思考戦から心理戦へと移行しましたね。

しかしこれは大きく悩みますねぇ…
この展開は何となくカイジのEカードやワン・ポーカーと被りますが
あちらと大きく違うのは次の勝負では切り札が切り札では無くなってる可能性があると言う点。

仮にうまく貘さんの手札を読みきり47をキープできたとしても
ロイフラに必要なカードを消費してしまい、せっかくの切り札が屑手に変貌してしまう…
そんなパターンもありうるはず。

ならばいっそほぼロイフラが確定している3回戦目で提出するか…
でも貘さんもそれを読んで屑手を提出しそう…
こういうのって考えたらキリがないですね(

貘さんもおそらく自身の切り札がラロの切り札よりは下であることはなんとなく察しているっぽい?
仮に3回戦目で切り札を潰されたとしても最悪の展開ではあるもののまだ敗北したわけではないし
そう考えるとこの駆け引きは貘さんのほうが有利か?

裏の裏は表。
果たしてラロと貘さんの選択は…?
次号に期待!






            

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ルールがしっかり定まってきた以上「互いの役に必要なカードがかち合ったらどうなるのか」という疑問が湧きますね。
天災が作成不可能な役による反則負けだとすれば嘘喰いが一番回避しなければならないのはこれなわけで、数字の選択順に大きく影響しそうです。

これはもう天災が起こりそうな予感……

貘さんが45を出せば10or11のフォーカードで47を完全に潰せるのだけど…
47と45がぶつかった場合、貘さんが天災食らいそう(話の展開的に)

自分もこの展開はカイジのEカードに似てるなーと思いました!
でも切り札が次のターンには屑に変わってるかもしれないまでは思い浮かばず。
奥が深い。。。。どっちが天災喰らうかで今後の展開決まりそうですね!
獏さんが爆散しないことを祈ってます(o^^o)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

あれ 反映されない。記入ミスったのかもです^^;スミマセン

No title

名無しさん

残りカードの枚数が少なくなるほど必要カードのバッティングの可能性は高まりますね。
その点についても本来なら考えておきたい部分でしょうが、ヒントもない以上は難しいか…?
天災は最初手札がブタの時に発生するのかと考えていましたが
このルールだと確かにそもそも手札の作成が不可の時に発生しそうですねぇ。

海月さん

僕も毎週ハラハラしながら読んでます(笑)
貘さん超有利からの天災負けとか起きそうで怖いですね…

名無しさん

貘さんも流石にラロにロイフラの手が来ているとまでは思ってなさそうですが
そういった高い手を潰すために絵札を消費するカードを提出する流れはありそうですねー
しかし唯一詳しいルールが不明瞭な天災への不安が押し寄せる…
メタ的な読みだとやっぱりビオスに余裕がある貘さん側に起きそう…

伽羅さん

もしかしたらカイジもちらっとぐらいは参考にしてるのかもしれませんね。
ぶっちゃけ単純な心理戦だと実績から考えても貘さんが裏を取られる姿は想像できませんw
この特殊ルールのせいで常にカードの強弱の変化の把握も必要なのは両者にとってかなりつらいはず。
とは言え二人ともそこでしくじるとも思えないですし、やはり試合が大きく動くとすればもう天災しかないと考えるべきか。
ほんとここで爆散しちゃって嘘喰い、完!となりませんように(笑)

泥汚さん

こちらからは見えているので大丈夫ですよ。

貘さんの強さはまさに試合の流れに左右されず「溺れない」点にありますよね!
普通の人だと有利や不利といった流れで張りを変えたりしますが
彼はただ自分の信じた張りを続け、そして今まで勝ち進めてきました。

このギャンブルはまだすべてのルールが解明されたわけではないので
もしかしたらまだ見えない部分で貘さんに不利な点があるのかも?
手札もどちらかといえばラロの方がちょっぴりだけ有利ですし。
紫音さんの態度を含め謎だらけなこの種目ですが
終わってみれば「あぁ〜あの場面はそういう事だったのか」ってなるのは間違いないでしょう(笑)
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき