やばいと思ったが… アイアムアヒーローinOsaka 第5話 感想

この極限状態でいろいろな物を抑えきれなかったか
ネタバレ注意













第5話は↓から読めます。
アイアムアヒーローinOsaka 第5話

前回のメッセージは案の定沢村によるものでした。
しかし状況が状況なので辰男はすっかり信じきってしまい取り乱してしまいます。
仕方がないとは言え赤ん坊に対して「うるさい」とどなりなんとも大人気ない。

一方その沢村は最早初期のキャラなんてどこへやら…
梢の携帯を壊し、あろうことか彼女を犯そうとします。
周りにZQNだらけで爆発音もする中でそんな行為に走ろうとする気力はある意味大したものですが(


そんな彼の凶行を止めたのは彼女の友人である優子。
まさに発症間際の中、必死に理性を保ちつつ彼のその手に掴みかかります。
彼女の手を必死に振り払い、ヴァニラ・アイスみたいに蹴りを入れ続ける沢村。
いくら感染してるとは言え、自分に好意を寄せてくれた人間に容赦なく暴力を振るい化け物呼ばわり…
悲しいですがこれこそが彼の本性なのでしょうね…

そんな彼の本性が見えた間際、飛行機が動き出し構内に突っ込みました。
これにより沢村は気絶?、そしてZQN達の拘束が外れました
更には優子も既に限界と一気に事態が動き出しました。

ワ…ワクチンあるんやろ?

下種な男、沢村のその場凌ぎの出任せを信じている優子。
いや信じざるを得ないというべきか。
彼女も残り少ない理性の中でその根っこの部分で真実には気づいているかもしれません。

有りもしない希望に向かって、梢は涙を堪えきれず優子と共にこの地獄と化した機内から脱出…!



いやー沢村の屑っぷりに驚かされた回でした(
あの優しい二枚目キャラも女の子を頂いちゃうための演技なのでしょうかね。

それにしてもこの漫画のZQNはZQNと言うより普通のゾンビに近いですよね。
確かに発症前に体調が悪化するケースもありましたが
本編では基本的にはそんな間もなく即発症するのがほとんどでした。
また、こっちだと発症間際まで自我を保ち続けるキャラも多いですが本編だとせいぜい藪さんとてっこぐらいしかいないはず。

どちらかと言うとあの沢村の豹変っぷりのほうがZQN化の症状に近く感じます。
状況を考えることが出来ず、己の欲望が駄々漏れになってしまってますし。

血だらけでしたしもしかしたら本当に既に感染してたりして(笑)
どっちにしろZQNだらけの機内でノビてしまってるので感染するのは既定路線でしょう(
多分再登場して梢たちの障壁になるんだろうなぁ…

次回に期待!




アイアムアヒーロー 18 (ビッグコミックス)

            

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき