確かに託された希望 アイアムアヒーロー 234話 感想

コロリ隊もタワー潜入へ
ネタバレ注意











桐谷くんにトイレの貯水タンクを開けるよう指示したコロリ。
中には紙の詰まったペットボトルが。
コロリいわく中には「教典」が入っているのでそれを見せれば上の連中も道を開けてくれるとの事ですが…
果たして中身は本当に教典なのかどうか。

あれだけ描くのをやんわり断り続けてきたし
実は中身が何にも描かれていない単なる紙でした!…でも驚かない。(

とにもかくにもこれで桐谷くんが発電機を動かせばエレベーターが使えコロリ隊も移動できる…予定でしたが
地下にもZQNだらけで残念ながら彼のアテは外れました。

そんなことになっているとは露知らず、桐谷くんは頑張って上の階まで何とか走破。
案の定上の連中からは下の人たちは見捨てられていました。
当然の判断ですけど、下の奮闘を見るとやるせなくなりますねぇ…

しかし彼の持っていた教典は無視できない、という事で何とか彼は特別に中に入れてもらえました。
ただその教典の存在は彼らも知らなかったようです。

中に入るとそこには高齢の生存者がわらわら。
まさかここにきて大量の生存者の存在が出てくるとは…
彼らがいるからこそ、食料はいつもカツカツでした。

普通だったら、はっきりいってこんな役に立ちそうにない人たちをここまで囲うことはないはずですが
何か目的があるとしたら、やはり奇跡の瞬間に立ち合わせたかったからでしょうか…?
そういうのは若い連中より高齢の方々の方が信じやすそうな感じがしますし。

そうだとしたら浅田君も割りと強かな存在ですね。

そんな中、桐谷くんは少年にこの教典を託します。
あのレトルトカレーばっかりで不満を抱いていた少年です。
上にいるということは彼も浅田教に染まってしまったのでしょうか。

この教典を浅田君に渡してくれと、ただ自分の命が危険だと感じた場合はそれを人質に生き残れと。


まさかあの坊やがキーマンになるとは。
彼がどう立ち回るかも、これからの話の焦点になりそうです。
どうでもいいけど彼の祖母もあの中に混じっているのだろうか…?

来週より他の作家によるアイアムアヒーローのアンソロジーが短期集中連載されるらしいです。
明らかにこの世界観と合わない作家さんもいるけど大丈夫なんだろうか(
アンソロジーだから話の進展とかは期待できませんが、どんな内容になるのでしょうかね。

次号に期待!




アイアムアヒーロー 19 (ビッグ コミックス)

            

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき