精密射撃 アイアムアヒーロー 235話 感想

エレベーターに乗るのも命がけ
ネタバレ注意











エレベーターに乗るまでの作戦は至ってシンプルです。
片桐くんが屋上で装置を作動したらトランシーバーで彼がZQNを引き付けた後、急いで乗る。

トランシーバーでZQNを陽動するのは思いつかなかった。
無論それでもかなりのリスクを伴いますが、現状これが一番危険の低い作戦でしょう。
そんな作戦を説明しているコロリにホカホカの脱ぎたてストッキングをプレゼントする無口ちゃん。
盆と正月と執行猶予て…一度捕まった後なのか(

なんやかんやであの時のギャルが履いていたストッキングを手に入れることができたコロリ隊長。
いやーよかったよかった(棒)

そんな中片桐くんがエレベーターの電源装置を発見。
起動させると、無口ちゃんがパチンコでエレベーターのボタンをピンポイントショット
本当この子はスペック高いですよねぇ、感染の力もあるのでしょうか。

そして合図とともに歌いだす桐谷くん。
めちゃくちゃ恥ずかしがってますが、単純にZQNを引き付けたいだけならただ叫ぶだけでもいいような。
丁寧に歌って歌詞があってるかどうか確認するとか真面目か!

彼の熱唱の中、作戦を決行するコロリ隊。
色々危なげでしたがギリギリセーフ…か?

どこか行き当たりばったりさを感じながらも蓋を開けてみれば犠牲者を出さずにエレベーターに乗ることが出来ました。
本当コロリ隊は隊としてほぼ完璧ですね。
だからこそ今後その分悲惨な目にあうかも…?と心配な気持ちにもなります。

来栖達とコロリ達の邂逅も近いかも?
そうだとすると無口ちゃんの立ち位置も気になってきますね。

次号は休載です。




アイアムアヒーロー 19 (ビッグ コミックス)

            

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき