懐かしい古顔も アイアムアヒーロー 239話 感想

浅田教崩壊の危機?
ネタバレ注意











いきなり謎の人たちに強襲されたのにも関わらずどこか落ち着いている浅田。
浅田はヘリの操縦が出来るのでそれを盾に交渉しようと試みますが苫米地も操縦が出来るのであえなく決裂。
そもそも本当に二人ともヘリの操縦が出来るのか?ということで互いに問答しあいますが
結局浅田はある程度の知識を持っているだけで運転出来ない事が分かりました。

おそらくネットか本かで知識を身に着けたんでしょうねぇ。
それでタワーにいる人たちを言いくるめる事は出来ましたが経験者には通じないと。
何かと知ったかぶりをする人によく見られる光景です。

春樹はこの男に対してかなりの嫌悪感を持っていますがカルト宗教で家庭を崩壊させられたんですね。
家庭崩壊したからこの性格になったのか、あるいは逆か…

主導権を苫米地たちに取られた後も、何とか嘘を交えて握り返そうとしますがあっさり看破されてしまいます。
しかしこの状況でも尚動揺を隠しているのは流石というべきか。
あるいはこの状況になっても現実が見えていないだけかも知れません。

ヘリがきちんと動作すると分かれば、彼はお役御免のような気もしますがまだ何かあったり?
底は見えてしまったようにも見えますけどね。

一方、英雄は何とか比呂美を救出するよう動きますがZQNだらけでどうしようもありません。
あの巨大ZQNは勿論、通常ZQNも続々サンシャインビルに集まっていきます。
しかもその中にはかつてのクルス一派の尖兵、男女の姿も…


ここであの子が再登場しますか。
確かに完全に死んでなかったもののクロスボウ兄妹に足を射られたのでそれっきりだと思っていました。
毅以外にも戦闘型ZQNがいるとなると英雄の身も少し危ういですね。

浅田は結局本当に「何もない」キャラクターで終わりそう。
無能なのに権力を欲しがっていたという点ではアウトレットモール編でのサンゴと被りますが
その場の空気もあったとはいえ彼も最期は上での子供たちを気遣うような台詞がありました。
しかし浅田は今のところ下らない自分の宗教のことしか頭にありません。

最期には頭が冷えてるといいですね。

次号に期待!






            

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき