本当の「ミス」 嘘喰い 463話 感想

連載再開!
ネタバレ注意










絶対勝利のはずの44
死んだ手のはずの25
ラロからすればあり得ない結末。

空漠たる貘さんの瞳は次第にいつもの輝きを取り戻しました。
その彼の瞳には今のラロの心情を写したような姿が。

表面上はまだそこまで狼狽していないラロがちょっと怖いですねぇ…

とにかく、エア・ポーカーはこれで全5回戦を終了。
最終的にラロは10ビオス、貘さんは24ビオスの14ビオス差に。
普通だったらどんなに体力の差があろうと覆しきれない差ですが果たしてどうなるか…

敗北必死の25の勝利にギャラリーは最初は梟のミスだと判断しましたが
5回戦目での彼はミスをしなかったという事実が分かると次第に焦点はあの4回戦へと置きました。
そして当の本人の梟も4回戦で真の意味でのミスを犯していた事に気づきました。

4回戦。

あの梟のフルハウスの選択ミス。
もしかしたら何かあるのかも?と勘ぐりましたがあれは純粋なミスだったようですね。
まぁその後の勝負の流れからも特に意図のあるものではないと判断できますが。

その時に死をも覚悟しましたが、実際に下されたのは再選択の時間
つまり両者ともミスを犯していました

この事実に梟は間安心したものの、それもつかの間に消え本当の失敗を犯すことに…


あの貘さんのフォルドは役への関心を消すための煙幕。
そしてハルの4回戦のファインプレーにより5回戦でラロを25で刺すことが出来た。
いわば二人の阿吽の呼吸による勝利ですね。




エア・ポーカー、解答編。
やはりキーポイントは4回戦でしたか。
今回だと梟のミスについてピックアップされていましたが、ラロ自身も気づくチャンスはありそうな感じもするんですけどねぇ。
とは言えあの急な勝負展開でその可能性を察しろと言うのも酷か。

ビオス差は14ビオス。
もうエア・ポーカーは終了なのでこれで決着…だと思いたいですね^^;
でもラロがおとなしく死を選ぶとも思えない。
ていうか選ばなかったこそその悪あがきの延長でエア・ポーカーをする事になったんですもんね。

ハンサムのラロが突如反撃のアイディアを思いつくのか
仲間(アノマ)が助けに来てくれるのか
溺死という非情な現実には勝てないのか

勝負後も目が離せませんね。
次号に期待!




嘘喰い(42): ヤングジャンプコミックス

            

コメントの投稿

非公開コメント

なんで梶ちゃんや立会人は再選択の条件を知ってる風に描かれているんだろね
会場側では上の存在や詳しいルールについては未公開のはずなのに

みんなでルールバレ回のヤンジャンでも回し見したのかな?

読んできました!
確かにカジちゃんなんで
上のルール知ってるんだろう。。。笑

やはり4回戦ハルは77345のワンペアで

5回戦は
梟10101077
ハル34567

ラロ天災負け

ってなるのかな。。。気になる(`o´)

No title

全てを明かしましょうみたいな話もあったし、
細かいルールに関しては能輪爺を通して紫音から全部聞いていたのかと

あと5回戦は天災起きてないですね
梟はミス無しできっちり天災避けてます
4回戦のハルは何も役作らなかったのかな

そういや宇宙人覚醒の時も、会場の立会人が笑っていたな
会場には上の会話を聞く手段があったのか

とりあえず獏さんかっこいい‼︎
梟ミスしたけど、安心して正しい役を出させることがハルの狙いだった?というより25を最高役として出すためにわざとミスしたのだろう…
ハルさんはコイン動かすゲームの時みたいに役を支配したのかも…まじ熱い…
更新ありがとうございます‼︎

No title

 マルコはどこにいるんですかね?。
エア・ポーカーに入ってから姿を見て無い気がするんですが・・・。

No title

>>なんで梶ちゃんや立会人は再選択の条件を知ってる風に描かれているんだろね

ほんとこれ
なんか解説あった?

No title

自分も初め読んだときは梟は純粋にミスしたと思いましたが
読み返すと「死を覚悟した」の台詞は
「死痛を受け入れる覚悟をした」とのミスリードにも見えますね・・・

その後の親方様もミスでの再選択で
わざわざ死痛のリスクを負わなくても勝てるかも
という欲が出てしまったのかなと思いました

これなら梟の過去話の「打破すべき防衛本能」の台詞と繋がりますし

No title

僕もマルコが気になりなす。
アノマ?VSマルコがきますかね?
水槽を潰しラロを救出、それを阻止するマルコみたいな。

アノマがもし助けに来てもこの立会人だらけの現状からどうやって逃げ出すというのか…
檻を解放して暴徒化させて対応してるうちに?それとも停電させて暗闇の中こっそり?
はたまた水槽の下に抜け道があってそこから?
どれにせよ、取り立ては絶対。立会人対アノマはあり得てもマルコは…うーんって感じ

あとあり得そうなのは、ラロが死ぬと獏さんの弱みだとかされては困ることが起こる(例えば島ごと爆発とか)から取り立てを止めようとするが、立会人からしたら取り立ては絶対。でラロ陣営獏さん陣営と立会人との対立構図を作り出す…うーん微妙か

伝説の旅人達がルール知ってたのは、展開上その方がテンポが良いから、で良いのでは
自分としては、ギャラリーへのルール説明で一話潰されるよりはよほど良かったなぁ、と思います

しかし獏さんはエア温存してたのかな。
今にしてみれば、してなかったんじゃないか、と思えてなりません。

No title

名無しさん

そこ僕も少し気になったのですが
4回戦始めに紫音さんが「全て明かしましょう」と発言しているので
現場にいる立会人達にはルールの子細の説明があったのかも、と解釈しました。
どっちにしろ描写がないのでもやもやする部分ではありますが…

BKさん

7はまだほとんど生きているはずですので
梟がきちんとマークを覚えていれば天災は発生しない…はず。
でも残りのエアビオスも無残に破壊されてぐにゃ~ってなっているラロの姿も見たいですねぇ(

名無しさん

現状やはりそう考えるしかないですよね。
まぁどのタイミングでそれらのルールを梶ちゃんたちに伝えたんだろという疑問は残りますが…
ストフラを潰さずに26で役を作るのは無理?っぽいので
4回戦は何も選択せずに敗北したんでしょうかねぇ。

名無しさん

大事な御屋形様の勝負ですし
上でのハルと梟の会話は他の立会人たちにも流れていたのでしょう。
10年前での梟との勝負の記憶を話した時も立会人全員が驚いていましたし。

やざわさん

やはり4回戦は25を温存するための布石ですよね。
優勢だったはずのラロ梟が最終的には逆転されている…
貘さん&ハルのゲームメイク力は流石というべきでしょう。

名無しさん

マルコは39巻時点では梶ちゃんたちと合流しているはずですがいつの間にかフェードアウトしてますね。
まぁ、頭を使うゲームなので梶ちゃんと違って解説役にもできませんし
そういう意味では現状持て余されているのかも。
でも最後に見せ場が欲しいところ。

名無しさん

上にも書きましたが知る機会自体はあったはず。
ただ端折られているのか本当にそのタイミングで知ったのか迫先生の勘違いかは分かりません。
まぁ、前者だと思いますけどね。

トリカイさん

なるほど…
梟自身が防衛本能を打破することなく、敗れてしまったと…
本来ならここでの再選択の意味を今一度考えるべきなんでしょうけど
死痛を受けることが無かった、ラッキー!…で終わってしまっても仕方が無いでしょうね。

名無しさん

ここに来て実はアノマは百龍を超える大物…ていう展開もあるの、か?(
あったとしてもマルコ以外にも立会人がオールスター揃いなわけですから
やっぱラロの逆転は絶望的ですよねぇ…
まぁそれ抜きでも最後にマルコに見せ場を作って欲しいですねぇ。
暴力としての活躍は今のところほとんど伽羅さんに持っていかれてますし。

ハジケ丸さん

まぁ、賭郎立会の勝負が終わったわけですから
仮にアノマが万人に匹敵する暴の持ち主だとしてもそこからの逆転はあり得ませんよね。
ましてやそこにマルコがいるなら尚更。
ラロはどうあがいても粛清確定でしょうからそこからちゃぶ台をひっくり返すには…
想像がつきませんね(

こじろーさん

エア・ポーカー勝負に入ってからは嘘スポや作中でも何回も現状説明回を挿入してましたからねぇ。
そこで更に梶ちゃんたちに今一度ルールの説明を行うシーンをいれると確かに冗長に感じるかも。
ただでさえ先が気になって仕方が無い勝負なのに(笑)
温存はやはりリスクが高すぎてやってないような気がします。
それにわざわざ保険のような戦略を打つような人にも思えませんしね。

No title

となると4回戦で、25のストレートを活かす為に、ハル 35666
のスリーカードを選択していたという事になりますよね。
意図的に44666のフルハウスではなく35666のスリーカードを選択した判断材料って何なんでしょう?
残りの手札(25)も相手の手札も分からずに、
敢えて1つ弱い役を選択する理由が無いように思えるのですが。
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき