自分の命よりも後世への教え? アイアムアヒーロー 245話 感想

来栖一派VS桐谷君。
ネタバレ注意









前回、あっさり春樹が人質になるのでは?と書きましたが全然外れましたね。
春樹はどうやら、本当の意味での狂人になったようです。
単純な戦闘力なら男女や毅をも超えたかもしれません。
伊達に修羅場をくぐった訳ではない様子…

しかし、桐谷君も負けずに応戦。
春樹はZQNの血に塗れた包丁を振るっているのでカスっただけでも感染確定
となればあのデブも…?

わざわざここでそれを示唆するってことはデブもこのビルに集まるフラグだったりして?
よくよく考えてみればデブは刺殺されただけでクビチョンパもされてませんし。

とにかく、デブの仇+今までの恨みで激昂する桐谷君。
まぁ彼らは友人関係ではなかったのでしょうけど、やっぱりずっと過ごしてきた仲間ですし思うところはあったんでしょうね。
正直、桐谷君がここまで活躍するとは思ってませんでした。
ここまで来たら出来る事なら生き残って、それが無理でも来栖一派に一矢報いるところを見たいです。

そんな二人の戦いを見て呆れる苫米地。
どうやら今までもよっぽど春樹とクルスの二人には手を焼いているようですね。
巨大ZQNも近づいて来たので、春樹を置いてヘリの奪取に急ごうとしますがキズキに止められます。
が、彼にじゃあ二人とも置いていくといわれるとあっさり手のひらを返して同行することに。

春樹との絆より流石に自分の命のほうが大事なようです。

とはいえ、苫米地もクルスと春樹という二大戦力を置いてどこに行くつもりなんでしょうか。
もはやこの世界に安全な場所は無い事は分かってそうだけど。
そもそも、クルスと彼らとじゃ思惑が違うみたいなのかな。

一方、逃げ切った浅田達。
さてどんな反撃の一手を打つのかと期待しましたが、着いた先はボンベ室。
この中に入っているのは二酸化炭素でそれは老人たちのいるサーバールームに繋がっているそうですが…

そんなことやってる場合じゃないだろ

今にもヘリが苫米地達に奪取されそうなのにこの危機感のなさはドン引きです。
漫画のキャラにドン引きすることなんて初めてですね(

それとも実はすでに手を打ってたり?…はしてなさそうだよなぁ。

思わぬ形で大人数の命を握ることになった少年の選択は如何に?
次号は休載です。






            

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき