連れション 嘘喰い 482話 感想

兄と弟、二人の絆が乗った拳。
ネタバレ注意









門倉さんVS銅寺さん。

一時は門倉さんに流れが傾いていましたが、銅寺さんも自身の原点を振り返り彼に一撃を報いました。
残念ながらインナーには届きませんでしたが、門倉さんの腕の骨を折ることに成功。
この予想外の一撃にどこか気が抜けていたように見えていた彼もヤンキーの本性を表しました。

このまま怒涛の殴り合いになるかと思いきや、門倉さんは唐突に防御の構えを取りそのまま静止。

普通ならそのまま攻めてハンカチの奪取に向かいたい場面ですが銅寺さんはそれを良しとしませんでした。


銅寺「おまえに対する慈悲の気持ちはまったくねえ…
   てめーをカワイソーとはまったく思わねえ…
   しかし…このまま…おめーをナブって始末するってえやり方はおれ自身の心にあと味のよくねえものを残すぜ


他のものより己の価値観を貫く…
それこそが立会人の、そして銅寺さん自身の矜持。

そんな彼の姿勢に門倉さんも共感したのか(すっとぼけ)
彼の背後に立ち上がりあっさりとインナーに一撃を入れました。

あのしゃがんだ門倉さんの正体は単なる植物。
戦いの途中で見せた彼の不可解な動きは彼自身の実力+煙の幻覚によるもの…
タネを知ってしまえば銅寺さんなら対処できたかも知れませんが、流石に遅すぎたか。

兄の思いを背に再び立ち上がろうとしますが、インナーの制電に勝つことはありませんでした…

この勝負、どちらに肩入れをするわけでなく読んでいましたが銅寺さんのこの敗北はなんと言うか心に来ますね…
普通の漫画でしたら兄の思いにより制電を克服し、門倉さんに絆の一撃をぶち込むところですが
実際の所は煙の幻覚に惑わされ、制電を喰らい体の自由を奪われ完全敗北ですからね。
現実はまさに非情である…


銅寺さんは立会人に己の価値観を守る存在、という価値を見出していましたが
門倉さんは強者同士の戦いすら取りしきれるその「支配」力に重きを置いていました。
あの貘さんとユッキーの迷宮勝負でも似たようなことを言っていましたね。

しかし、門倉さんは肉体的にもそして精神的にもまだあの勝負に心を囚われ支配されてしまっています。
それを取り払うためにも屋形越えの立会いを強く切望することに。

結局、門倉さんは地の利も利用して勝利したという形ですが何故彼だけ煙の影響が少ないのか…?
一応鷹さんから忠告を受けていましたが能輪さんと違って煙を避けている様子はありませんでしたし、何か理由があったり?

銅寺さん達のハンカチを入手した彼の元へマルコ登場。
今回も鷹さんのハンカチと引き換えに彼からどのような勝負を考えているか情報を得ようとしていますが
前回と違って門倉さんは既にハンカチを4枚入手しているためこのままマルコがハンカチを上げてしまったら
門倉さんの勝利する可能性はグンと高くなってしまいます。

銅寺さんは門倉さんの気をそらしつつも、マルコに彼がハンカチを4枚所持している事実を伝えます。
流石のマルコもようやく今の状況を察し、再び立ちション離脱を図ろうとしますが
門倉さんのカマかけにあっさり引っかかり、門倉さんとマルコで連れションをすることに(
どうでもいいけどマルコの「来ないでー」がかわいい

一方、ちゃんみだの前に何者かが接近し…?


何となく予想はしていましたが、やはり門倉さんの勝利でしたね。
ただあの煙がなければ勝負がどっちに転んだか分からなかったかもしれません。

そしてこのまま門倉さんVSマルコに突入するんでしょうかね?
単純な暴で言えば流石にマルコに軍配が上がるかと思われますがあの煙がどう作用するか読めませんねぇ。
もし門倉さんが本当に煙の影響を最小限にしているのならむしろ有利か?

そしてちゃんみだの前に現れたのは…?
あの「ブルル」音は門倉さんの前に鷹さんが現れたときのと一緒ですがまた彼女なのか?
でも前々回では他の立会人たちと一緒にいましたしねぇ。
消去法で考えれば後は課長くらいですが果たして。

次号に期待!






            

コメントの投稿

非公開コメント

門倉さんモヤってした煙のようなものを
ふらっと避けてる描写まりませんでしたっけ?

残りは門倉さん、ちゃんみだ、課長ですかね……。卍を仕切ったのはちゃんみだでエアポーカーには課長が関わってますね。ちゃんみだかなぁ……。今までの有能感がすごいし。

門倉さんは煙が見えてて避けてるっぽかった

門倉さんは壊れてから麻薬の常習者になり(最初は苦痛を和らげるためだった、みたいな)そのために1人だけ症状が軽いのでは…
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき