煙の中に潜む刺客 嘘喰い 483話 感想

奴には、見えている。
ネタバレ注意










銅寺さんとの戦いを制し、ハンカチを所持しているマルコを追跡する門倉さん。
しかしその勝利には疑問が残ります。

鷹さんの忠告があったとは言え、煙の塊を器用に避けるのは困難。
というかそれ以前の時点で煙の流れが既に見えていたようです。

この事実から、門倉さんはあの一撃により後天性のサヴァン症候群になり匂いの粒子を視認できる共感覚を身につけたのではないかという結論に達しました。
共感覚…懐かしいワードですねぇ。
皮肉と言って良いのかわかりませんが、共感覚の脅威を知った勝負で自身もその能力を身に着けることになるとは
流石の門倉さんも予測不可能だったでしょう。

どうでもいいけど、銅寺さんの発言を遮ってまでサヴァン症候群の解説をした梟がかわいい(
顔アイコンだけの彼はかわいさとシュールさを感じます。

さて、その進撃中の門倉さんは唐突にその歩みを止めました。
そしてその向こうにはちゃんみだとマルコ。

マルコはペラペラと門倉さんのハンカチ所持数をちゃんみだに伝えてしまったため
自身の持つハンカチの価値が殆ど無くなってしまいました。

こうなった以上狙いは4枚持ちの門倉さん一点絞り。
このままちゃんみだと門倉さんの一騎打ちになるかと思われましたが…
門倉さんが振り払った煙の中に…課長からの一撃!

うおおおお待ってました真鍋さん!!!
正座からの一撃は文句のつけようがないくらいのかっこよさです。
しかし、モロ煙の中にいるようですが体の方は大丈夫なのでしょうか。
まだ拳を突いただけなので何ともいえませんが、パッと見は正気を保ってそうに見えます。

呼吸をしなければ良い、という物でもなさそうですか果たして…

一方、夜行さんはこの屋形越えにふさわしい者のところへ行くと言いその場を立ち去りました。
果たして誰の元へ…?


課長のまともな暴力を見るのはずいぶん久しぶりな気がした今回。
プロトポロス編では終盤以外ほぼ卵大好きキャラでしたが、その実力は以前から全く衰えていませんでしたね。
密葬課の長、真鍋匠と門倉雄大…直接の因縁はありませんが感じるところはある組み合わせ。
これはどう転ぶか全然読めませんねぇ…

そして夜行さんはどこへ向かったのか。
この島の中で立ち会うに相応しい者といえば…うーん、ピンとくるのは伽羅さんぐらいでしょうか。
でも彼はもう…そもそも立会人ですら無いし。
後は正直、相応しさでいったらそこまで差がないように思えます。

そしてその者の前に行って何をするつもりなのか…
次号に期待!






            

コメントの投稿

非公開コメント

課長って現段階では最強クラスですよね…
強くなったとはいえ、雄大くんじゃ勝てないんじゃないかな
課長がちゃんみだと雄大くんをフルボッコにするに違いない!

夜行さんはどこに行くのやら
島にいるのはあとガクトと梶ちゃんくらいか…

No title

夜行さんは梶ちゃんの所へ行ったのじゃあないですかね?
獏さんの夢でも館越えで梶ちゃん出てましたし

ハンカチはマルコが勝ち上がって譲り受けるなどで何とか…

今はもう立ち会えないってことなので元立会人か死んでると思われてるかですよね。
伽羅さん、栄羽、番代、撻器、目蒲、櫛灘さんが当てはまりますね。完全に死んでると描写されてる人や相応しさを考えたらあの人しかいませんね。みんな大好き櫛灘さんでしょう笑

ついに課長がきましたね!
強い………
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき