その銃口の先には… アイアムアヒーロー 252話 感想

一人蚊帳の外な英雄
ネタバレ注意










コロリ隊が来栖と決戦を始める様子を遠巻きに眺めている英雄。
ただ彼からすれば生存者同士が争っている様子にしか見えません。
この人本当に主人公なのか?(

近づいてくる巨大ZQNに半ばやけ気味で銃をぶっ放します。

その音は苫米地側にも聞こえ、彼の警戒心を強くさせました。
そんな中キズキの元へようやく春樹が現れましたが…発症しているかどうかはわかりませんが正気を保っているようには見えません。
キズキもその様子から彼の身に何があったのか察したようで、涙を流しています。
母親に、そして彼氏も…自業自得とは言え残酷な運命ではありますね…

しかしその余韻もつかの間、彼らの元に桐谷くんが襲い掛かりました。
マスクや手袋で体や顔がどうなっているかは分かりませんがこちらはおそらく発症してるでしょうね…
フラフラ歩く春樹を倒し、キズキの足元を掴みます。
彼女もナイフで応戦してますが効き目はなさそう…

そしてこの隙を苫米地が見逃すはずもなく、彼らがもみ合ってる間にヘリへダッシュ。
しかし一足先に浅田達が到着していてその手下の女性が彼の足止めを狙いますが
あっさりクロスボウで腹部を撃たれてしまいました。

流石苫米地、容赦がない…

とにもかくにも足止めに成功し、浅田は彼女を助けると口約束をしますが
この辺の会話がなんとも気が抜けますね…
当の本人にも嘘っぽいって言われてるし、自分の命がかかったとは思えない雰囲気ですし…

苫米地はもちろん浅田も撃とうとしますが、クロスボウが壊れたのかあるいはリロードをしている暇がないと判断したのか
クロスボウをあっさりと放棄します。
それに続いて浅田も抱えていた子供をあっさり放り捨てました。
何でずっと抱えてたんだろうと一瞬考えましたが、おそらくクロスボウからの盾にするつもりだったんでしょうね…
まこと、人間の屑である…

二人の人間を使い、あの苫米地と対等な力関係になった浅田。
これには流石の苫米地も彼と共同戦線を張らざるを得なくなりました。
絶対に真っ先に死ぬかと思いましたがまさかここまで粘るとは…
まぁ、まだ生存が決まったわけではありませんが…

これらの出来事についていけずただ眺めている英雄。
彼はパンイチのおっさんを多人数でよってたかっていじめているように見えているようです。
それを止めるべく向けた銃口の先には…

英雄もクルスと精神世界で面識はあったはずですがまさかその人物がここにいるとは思ってないようですねぇ。
しかし、どっちがいじめているのかどうかは戦いを見れば分かりそうな感じもしますが…
このままだとコロリを撃ちかねないですねぇ…
しかも、そうなったとしても彼はその事実に気づくことはなさそう。

そして浅田と苫米地はこの修羅場から逃げ切れるか。
今のところは墜落する未来しか見えませんけどね(

次号に期待!




アイアムアヒーロー 21 (ビッグ コミックス)

            

コメントの投稿

非公開コメント

クルス化来い

この時点でZQN化しても、どうせ吸収要員か集積脳の影響を受けるからくり要員だけそう(毅パターンもあるか?)なので、

春樹か桐谷&キズキ
本文にもあったように英雄が誤射するコロリ(無口ちゃんが輸血的なことして助ける)とか

誰でもいいので覚醒して、クルスさん追加したら面白そうですねぇ(^w^)
じつは、春樹か桐谷どっちかは覚醒してたりとか…(笑)


クルス化したらパンイチになるので(?)
おばちゃんは免除(爆)
間違いなく最強でしょうが(笑)
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき