狂気VS正気? 嘘喰い 484話 感想

戦いは四つ巴へ…
ネタバレ注意










門倉さんの優勢と思われたこのハンカチ争奪戦ですが課長の一撃により状況は激変。
ちゃんみだもあのにっくき元ヤンが崩れ落ちる姿を見てご満悦の様子(
そしてマルコと共闘関係を組んで門倉さんのハンカチの奪取に向かいます。

ちゃんみだの構想したゲームとマルコの提示したゲームの条件が合致したが故の協力でしたが
彼の「己のハンカチを持っていなければ何枚ハンカチを持っていても勝者にはなれない」という発言に
マルコは門倉さんVS夜行さんの戦いを思い出し、ちゃんみだとの協力をやめ彼と戦うことを決意します。

うーむ、当時は特に疑問なくスラスラ読んでいましたがあのハンカチに何か仕込まれていたり?
門倉さんのハンカチが偽物にすり替わっていた…?
でもすり替える余裕はなさそうでしたよね…

読み返すと彼が夜行さん、銅寺さん、間紙さんのハンカチの奪ったシーンではハンカチに彼らの名前が書かれていましたが
自身のハンカチを奪い返すシーンには門倉さんの名前は写っていませんでした(はず)

そしてルールでは「ハンカチを持たない者は失格」とありますので
誰かのハンカチを持っていれば自身のハンカチを奪われても失格にはならない…のかな(

マルコは門倉さん達のハンカチを集めて今一度夜行さんに託すつもりだったり?
当初は彼が屋形越えの立会人になることを望んでいたし…
考えすぎか(

マルコの思惑はどうあれ、まさかのマルコVSちゃんみだ
両者とも自身の思惑のためにも絶対に負けられない戦い…
這い蹲るのは元廃ビルの悪魔か、ちゃんみだか…?

そしてほぼ同時的に門倉さんと課長の戦いも始まりました。
課長も他の立会人同様煙を吸ってるのは間違いないようですが…やはり効いてない様子ですね。
門倉さんも何とか彼のインナーに一撃を加えることはできましたが、その代償として顔面と右腕に致命傷を食らってしまいました。

やはり密葬課コンビの暴力は他の人のそれとは明確に差が描かれていますね。
今のノリノリの門倉さんをここまで蹂躙するとは…

とはいえ隙だらけだった門倉さんにとどめの一撃を与えなかったりと不自然な点も多いので
煙への耐性も何か理由があったりするのでしょうか。

マルコVSちゃんみだ、門倉さんVS課長
はっきりいって両者とも暴力に差がある組み合わせですが、結末がどうなるか読めませんね…
次号に期待!




嘘喰い(44): ヤングジャンプコミックス

            

コメントの投稿

非公開コメント

いよいよ課長はキルアとモラウの合体したような人間だな✨
制電からすぐに立ち直り、煙の中ひたすら無呼吸で正座。
密葬課の長の名は伊達ではないね🌸
てか密葬課の3人強すぎ(真鍋、花、箕輪)

No title

マルコの目的は、門倉にハンカチを集めることでは?
夜行の蹴りを食らってハンカチを胸ポケットから奪われた時点で、
門倉は失格であり、その後何枚集めても無効であると思いつき、
勝者無しにするのではないでしょうか?

課長強すぎますね...........。まさか門倉さんがほぼほぼ何もできないとは.....。
覚醒マルコなら勝てる.........かな?

No title

門倉はありえないって断言してたね夜行さん
立ち合いにふさわしいもののところへって、まさかハンカチ集めで勝った人のところへ行って無理やりかっさらう気では・・・
ハンカチ集めの勝者はボロボロになってるだろうし

実は伽羅さんも零號当時のハンカチを大事に持っててそれを回収しに行ったんだよ

あ、これ内緒ね

夜行さんはお館様に刺繍して貰ったのと別に、正式に新調されたもう一枚を持ってるとか

相応しい者って誰だろう。やっぱり伽羅さんかなぁ。次点で梟って線も……ないか
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき