彼の「教典」 アイアムアヒーロー 256話 感想

人としての一線を、越えるか?
ネタバレ注意







コロリに照準を向ける英雄。
そのまま踏みとどまって欲しかったところですが、あっさり発砲。
後方に吹っ飛び倒れたコロリを見て無口ちゃんが更に暴走。
最早原形をとどめていない醜い姿に…

おっちゃんを救わんと思い放った彼の一発が状況を更に悪化させるという…

どんどん異形と化していく無口ちゃんに裸ネクタイは合体しよう(意味深)と持ちかけますが
頭を引きちぎられそのまま食われてしまいました。
ていうかたかし君は前もこういう感じで食べられていたのか…(

あの来栖編終盤の頃のたかし君はどこにいってしまったのか…


教典じゃなく子供を背負う瀬戸君。
肥大化した無口ちゃんを見てもう一匹ZQNが来たのかと勘違いしています。
変形するところを直接見ていないとは言え何とも悲しいすれ違い。

瀬戸君が教典を拾ってくれないので、自ら拾いに行く浅田。
時間にしておよそ十数秒とは言え信頼関係も何もない苫米地相手に隙を見せるのはリスクが計り知れません。
本当にこの男は読めませんね、いろんな意味で。

さて、こうしてリスク犯して入手した教典の中には浅田の偉業を称える内容が…ではなく「ベジタン!」という漫画が描かれていました。
原案:鈴木英雄…これって1巻のアレか!?
これこそがコロリが後世に伝えたい教典であり希望だった、ていう訳ですよねぇ…
しかし彼はその尊敬していた英雄に撃たれ…すれ違い過ぎってレベルじゃありません。

結果的にコロリに一杯食われた浅田。常に能天気だった彼も今回は流石に呆然気味。
そんな彼の元にかつて配下だったギャルが感染した状態で現れました。
ボウガンの矢にZQNの血液でもついていたのでしょうか。

そんな哀れな彼女に浅田は皮肉なのかマジなのか分からない発言。
しぶとく生き延びた浅田もここで終わりか…?
散々蹂躙してきた部下に殺されるとしたら、間抜けな教祖様にとってはお似合いな最期ですが。
でも伊浦と若干かぶるか。

涙を流しながら自らの腕をも貪る元無口ちゃん。
その異様な様子におばちゃんも動揺を隠し切れません。
そして彼女の左足もクルスによってつけられた切り傷のせいか震えています。もしかして…

一方、英雄の銃撃によって死んだと思われたコロリですが何とかまだ生存している様子。
血も流れていないところを見るとお腹に何かを仕込んでいたか。
雑誌みたいに分厚いのを挟んでいれば助かったとしてもおかしくないでしょう。

英雄の一発により、屋上は混乱の渦に飲み込まれてしまいました。
やってることは完全に悪役ですが、一応主人公です(
もしこのまま英雄や比呂美が生還して、コロリ隊が全滅…みたいな展開になったら何かもやっとしそう(
最も心配しなくてもそうすんなりと終わりそうにはないですが。

浅田教伝説もここで終わりか。
ビルも崩壊寸前、教典なんてものは存在しない、そして教祖の目の前には感染者。
結局彼が後世に残せたものは何もありませんでしたね。

最後に生き残るのは誰か!?
次号に期待!






            

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき