解かれた誤解? アイアムアヒーロー 257話 感想

コロリが腹に仕込んでいたものは…?
ネタバレ注意








英雄に狙撃されたものの、何とか傷を負わずに生き延びたコロリ。
その理由は腹に仕込んでいた「アンカットペニス」の単行本のおかげでした。
何たる皮肉…
結果的に英雄が殺しにかかり、それを英雄自身が止めたという形に(

このままではまた狙われかねないと考えたコロリはその単行本を白旗のように振りました。
英雄はスコープ越しにそれを確認し、その単行本が自身の作品であることも把握。
ここに来てようやく英雄は自分が撃った人物へ興味を示します。
今からでもまだ遅くないので何とか誤解が解けて欲しいですね…

一方、苫米地は着々と離陸の準備。
そこになんとか瀬戸君が子供を連れてヘリに乗せました。
他の仲間も連れてくるといいますが、苫米地は重量の関係でそれを却下。

意地でも仲間全員で脱出を試みたい瀬戸君は少年に、苫米地がおかしい動きをしたらその斧で頭を叩き割れと命令。
これに対し少年も素直に「うん、割る…」 彼もこの非日常に順調に染まっていますね(

そして瀬戸君が仲間の下へ駆けつけている後ろで、女ZQNに火炎放射器で焼かれる浅田。
最初は軽口を叩いていましたが、次第に何も言わなくなり倒れこみました。
今度こそ終わりですね。

それにしても素直に噛まれて感染したほうがマシなレベルの最期ですね。
最も数々の生存者の命、特に老人たちの命や思考を弄んだ者の罰と考えれば生ぬるいか。
この浅田を見て「キレイ……」と呟ける少年は間違いなく大物(
何となくこの子は最後まで生き延びそうな感じがしますね。
ていうかそれ以外は皆死にそう。

英雄はコロリの顔を覗こうとしましたが、背後を守っていた男女ZQNが肉体的に限界を迎えていました。
いくら戦闘型と言ってもここまで数の暴力に晒されたら流石に一溜りもないようです。
両手はすでにもげ、頭も…

この絶体絶命な状況に英雄も覚悟を決めますが果たしてどうなるか…



皆が皆、絶望的状況。
瀬戸君も仲間の元に向かっていますが多分無事なのはコロリぐらいですよね…
おばちゃんも今のところは動けますが感染疑惑がありますし。
最も無事だとしても、苫米地の操作するヘリに乗りたがらなさそう。
無口ちゃんは…

そして偉大()なる教祖様の浅田もようやく死亡。
これまでそれなりの悪運で生き延びていましたがそれも続きませんでしたね。
馬鹿な宗教ごっこもこれでおしまい。


英雄やコロリ隊が気になりますが、次号から無期限休載
なん…だと…







            

コメントの投稿

非公開コメント

No title

7号から再開みたいですね、良かった
再開と同時に映画2弾の告知とかありそうな気がします
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき