零の系譜 嘘喰い 489話 感想

連載再開!
ネタバレ注意










ハンカチ争奪戦も終盤。
夜行さんと門倉さんの前に現れたのは、あの伽羅さん。
しかもただ立ち上がるだけでなくそのまま殴りかかってきました
肉体こそは朽ちていますが、その威圧感は生前のそれそのもの(

しかしそれに怯んでる暇もなく、夜行さんはボロボロの左手でそのまま一突き。
そうすると目の前にいた伽羅さんは消え、そこには門倉さんの姿が。
彼のインナーに一撃、すなわち彼に制電、つまりは夜行さんの勝利。
後ろを見ると、木からずり落ちる伽羅さんの遺体。

これにてハンカチ争奪戦もようやく決着。
最後に残ったのは門倉さんを、そして伽羅さんを超えた夜行さんでした。
あの一瞬で、夜行さんそして伽羅さんの心残りは消えたことでしょう。
こんなにも穏やかな彼の表情を見るのは初めてですね。

そしてようやく伽羅さんを埋葬のときが。長かった(

一方、ちゃんみだも二人が決着がつかなかったらあるいはと少し期待していた様子でしたが残念ながらそうはならず。
たとえ残り時間が十秒しかなくとも、あの二人が真正面からぶつかって決着がつかないということもないでしょうしねぇ。
彼の崩れ落ちるものを探す旅はまだまだ続きそうです。

とにもかくにもこれで名実共に屋形越えにふさわしい立会人となった夜行さん。
満を持して二人の前に登場!!!
次号からはいよいよ屋形越えかな?

ところでラスト2ページだと手袋をはめていますが、門倉さんから借りたものでしょうかね?
まぁ流石にそのままあの手を晒すわけにもいかないですよねぇ…

次号に期待!




嘘喰い 44 (ヤングジャンプコミックス)

            

コメントの投稿

非公開コメント

門倉さんも伽羅さん見てたんだけど、お互いがお互いを伽羅さんに見えてたって解釈でいいのかなぁ?

No title

名無しさん

多分それで合ってると思います。
夜行さんは伽羅さんを超えた、あるいは継ぐに相応しい立会人となり
逆に門倉さんは伽羅さんに後一歩及ばず、と捉えました。

実際はどういう意図が込められているのか分かりませんがいろいろ想像の余地がありますね。

まさかの伽羅さん幻影でしたね。
個人的には門倉さん応援してたけれども夜行さんでしたね〜。
そしてついに屋形越えの時が!!!
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき