今ならもう一個オマケ 嘘喰い 515話 感想

布石は撒かれていた。
ネタバレ注意







扉絵では屋形越えを見届けてる立会人達…のはずですが約2名フリーダムな様子(
クールな顔で椅子をくるくるしている紫音さんが面白すぎ(


ハンカチ落としも7回戦表。
貘さんの体調から見ても終盤戦に突入したのは間違いないでしょう。
2回の臨死により、貘さんの思考回路はぐちゃぐちゃに…
しかし、それでもなお放ち続ける威圧感。

むしろ、最初からの頃より凄みを感じるように見えます。
落とせば、必ず振り返る…

梟はこの状況を「操れるようで操れぬのが脳、逆らえるようで逆らえぬのが反射」と評しています。
それほどまでに、序盤の貘さんの神がかりは御屋形様の脳裏にこびりついているはず…
故に今まで同様軽々にハンカチは落とせないはず…

この勝負を聞いている人全てがそう考えていたはす。
しかし真実は、彼の後ろには既にハンカチが落とされていました。
いや、既にと言うか勝負開始と同時に落としていました。
その事を知っているのは、落とした御屋形様本人と立会人の夜行さんのみ。

40秒…50秒…そして60秒。
貘さんは安全策を使いチェックに成功はしたものの、その代償はあまりにも高くつきました。
この蓄積により、総臨死薬量も貘さんが逆転。
折角二度も臨死をしたのにこれで状況がかなり苦しい事に…

本来落とせないはずのハンカチが開始と共に落ちていた…
この状況に梟はかつて御屋形様が自分と対峙した際に発したあの発言を思い出しました

紡ぐも、また逆も自在 楔が邪魔ならば その記憶を忘れればいい

以前は貘さんを救ったこの能力は、今では貘さんを苦しめている最悪の能力となっていますね…
自在に記憶を掘り起こせるだけでなく忘れることもできる事がこんなにも恐ろしいとは…

7回戦裏、C側御屋形様 D側貘さん。
もう、どうやってルービックキューブを回してんねん!…という野暮な突っ込みはすまい(

この今まで続いていた御屋形様の快進撃。
その裏には反響位置、「エコロケーション」という技能が関係していました。
音を発し、その反響で周囲にどういう物があるのかを把握する技術です。
動物でいえばイルカやコウモリ、人で言えば盲目の人が使うとされています。

一般人にはあまりなじみのない技能ですが、極めればまさに目で見ているかのように状況を把握することができるそうです。
いや、元が音であることを考えると下手したら「見る」よりも見えるかもしれません。
例えば、後ろとか…

あのビデオで蒼田絵子が御屋形様に本当に伝えたかったもの…
そのメッセージは息子にしっかり届いていたようです。

この御屋形様の行動に気づける者はいない。
そして貘さんの真意も…

そうか、音かぁ…
言われれば納得出来るような、そうでないような(笑)
もし本当に音の反響で状況を構築できるとしたら化け物ですねぇ。
部屋には時報の音も混ざっているはずですので精密に図るとなるとその難易度は想像がつきません。
ましてや御屋形様は一度死んでいますしね。

そしてそれ以上に謎だらけの貘さん。
6回戦表途中では気になる発言もありましたが
もしそれがトリックを使っている上での発言と言うのなら、僕には見当つきません(

謎だらけだった屋形越えも、少しずつその姿が見えてきました。
果たして貘さんに勝機は残っているのか?
次号に期待!







            

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お酒を飲む席はカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
ぼやき